6輪駆動のG 63 AMGを日本で限定販売|Mercedes-Benz

6輪駆動のG 63 AMGを日本で限定販売|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz G 63 AMG 6×6|メルセデス・ベンツ G 63 AMG 6×6

6輪駆動のメルセデス・ベンツG 63 AMGを国内で販売

メルセデス・ベンツ日本は、東京ミッドタウン内であらたにオープンさせるブランド情報発信拠点「Mercedes me」の発表会において、究極のオフローダー「G 63 AMG 6×6」を日本初公開。あわせて、このモンスターSUVを台数限定で発売する。

Text by OHTO Yasuhiro

Gクラス史上最強のオフローダーを市販化

1979年の誕生いらい、オフロードでの高い走破性とほかのメルセデス車同様の信頼性から根強いファンをもつGクラス。その35年の歴史の全てが凝縮した究極のモデルが登場。日本にも、導入されることが発表された。

G 63 AMG 6×6」は、世界各国に納められている軍用車両や防弾仕様車などの開発をつうじて培った、特殊車両技術を惜しみなく投入した究極オフロードカーだ。メルセデス・ベンツ自身が、「オフロード モンスター」と呼ぶこのマシンは、6つすべてのタイヤが駆動し、5つのデファレンシャルロックを備える。

そのサイズは、全長約6メートル、全幅2メートル以上、全高約2.3メートルと、まさにモンスター。この6輪駆動のドライブトレインは、オーストラリア軍に納入されている軍用モデルの技術が転用されたものだ。また防弾仕様車の技術をベースに開発した「ポータルアクスル」により、最低地上高460mm、限界渡河深度1,000mmを誇り、これは市販モデル「G 63 AMG」の約2倍の性能である。

サスペンションは、防弾仕様車で使われている強化コイルスプリングとラリーレース用に開発されたガス封入式ダンパーを採用。これにより、卓越した走行性能と優れた運動性能を実現しているという。

さらに乗用モデルとしては世界初となる「タイヤ空気圧調整システム」も搭載。これは運転席上部にあるスイッチにより6輪全てのタイヤの空気圧を調整できるもの。通常、3.0barに設定されている空気圧を砂漠などの柔らかい路面では0.5barまで減圧させることで、タイヤの接地面積を増やし、地面への沈み込みを防ぐ。また通常のトラックでは、0.5barまで10分程度かかるものがわずか20秒以下という減圧速度の速さもポイントだ。