特集|「パーマカルチャーデザイン」を暮らしのなかに

特集|「パーマカルチャーデザイン」を暮らしのなかに

DESIGN FEATURES

自然や生物の仕組みに沿ったサステイナブルな環境デザイン

「パーマカルチャーデザイン」を暮らしのなかに(1)

自然に学び、命が巡る暮らし。パーマカルチャーデザイナー四井真治さんはオーストラリアで生まれた持続可能な環境を作り出すためのパーマカルチャーというデザイン体系を、山梨の自宅での実践を通して、日本にふさわしい形に再構成して提案しています。四井氏が提案する暮らし方から、次世代に伝えたい持続可能な暮らしの形を探ります。

Text by MINOWA Yayoi

暮らしは小さな地球

山梨県北杜市の林の中に、パーマカルチャーデザイナー四井真治さんの自宅がある。自宅の裏には、クヌギやシデなどの広葉樹林が広がり、南アルプスの甲斐駒ヶ岳が望めるという自然豊かな地である。東京から高速道路に乗ると1時間半で着いてしまう場所だとは想像しにくい。

畑の前にはバナナという名前のクリームイエローの鶏が移動式のケージの中で飼われている。パーマカルチャーを知っている方なら、それが「チキントラクター」だと気がつくかもしれない。鶏が卵を産んでくれるだけでなく、畑の草を食べ、土を引っ掻いて虫を探して耕し、その上、糞が施肥になるという自然の営みを利用した仕組みである。

家の前の斜面には、四井さんが工事現場などで集めてきた石を積み重ねた「石垣だんだん畑」がある。この積み重なった石にも「ストーンマルチ工法」といっていろいろな意味があるという。

「石は昼間の太陽熱を蓄熱して夜まで温かさを保ち、作物にとっての環境を安定させます。その反対に、夜は石が冷えて朝露を作って保水する効果も。石の間はヘビやトカゲなどの住み処となり、それらが生息しはじめたら生態系が豊かになった証拠」と四井さん。畑の石積みひとつとっても、さまざまな自然の営みが活用されているのである。

「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 02

このように、パーマカルチャーの根底には、自然のシステムの観察と活用、昔からの農業や手仕事のなかにふくまれている知恵がある。その土地や建物の自然的特徴を生かし、都市部にも田舎にも、命を支えるシステムをつくり出していく。パーマカルチャーが「人間にとっての持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系」と呼ばれる所以である。

「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 03

四井真治さんは、2007年に長野県高遠町から北杜市に移住し、ここにあった森と一軒家を開墾・増改築。“人が暮らすことでその場の自然環境・生態系がより豊かになる”パーマカルチャーデザインを自ら実践している。

「ひとつの家庭の暮らしが小さな地球のように巡る仕組みを作るのが理想です。今の日本の暮らしや文化は混乱しているけれど、まずは地球の仕組みに倣って自分の周りから変えていくことが、未来の暮らしや文化を提案することにつながっていく」と語る四井さん。その言葉の通り、ご自宅やその周りには四井さんが考えるパーマカルチャーデザインが暮らしのなかにあふれている。

古道具に文化が宿る

四井さんの自宅敷地には、使いこまれた農機具や、暮らしの道具がそこかしこに置かれている。そしてそれは単なる飾りではなく、メンテナンスされ実際に使われているものがほとんどだ。

足踏みで動く脱穀機、足で踏んで回転させながらわらで縄をなう機械、唐箕(とうみ)と呼ばれる風の力でさまざまな選別ができる便利な農具、さまざまなクワやスキなど。道具には風土に根ざしたその時代の社会の姿が宿る。そしてそれが形になったものが文化となる。「道具は文化だ」と四井さんが関心を寄せる理由がある。

たとえば、昔の農家では縄は農作業で大量に必要とされたため、藁から縄を作ることが農閑期の大きな仕事だったが、縄ない機は、手で撚り合わせずに作れるため大変重宝されたそう。どれも農家の暮らしを支えてきた、知恵をこらした道具たちだ。そして電力を使わずにしっかり仕事をする。四井さんの手で、それらが復活されていく。

「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 04
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 05
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 07
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 06

四井さんが道具を見る目は宝物を見つめる少年のようだ。家の裏手には大きな加工場もあり、暮らしに必要なさまざまなものを作ったり再生したりすることができる。

そのなかから生まれた製品は、一部「ソイルデザイン」という四井さんが運営するサイトでも販売されている。たとえば石を使ったロケットストーブ。電力に頼り過ぎずオフグリッドで暮らしたいというひとも多い今、落ちた枝や廃材をたきぎとして使えるロケットストーブは注目アイテムのひとつ。小さなベランダやガーデンでの食事に、そして停電などの緊急時にも活躍する。

「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 08
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 09
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 10
「パーマカルチャーデザイン」を暮らしの中に 11