REPORT|「メタボリズムの未来都市:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」展

REPORT|「メタボリズムの未来都市:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」展

DESIGN FEATURES

「メタボリズムの未来都市:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」展リポート

日本再生に向けていまこそ再考すべき、メタボリズム(1)

メタボリズムは、近年、世界中でその活動が再評価されている、日本でおこったユニークな建築運動。戦後復興からEXPO’70でクライマックスを迎える日本の一時代。東日本大震災を乗り越え再建への道を歩む現在の日本と、メタボリズムの活動がスタートした、戦後復興を経て高度成長期に向かって進む状況には共通点が多い。当時の建築家やデザイナーたちがどのような考えをもって日本をつくっていこうとしていたのか、メタボリズムをきっかけにあらためて考えてみたい。

写真と文=加藤孝司

作品総数500点以上、見ごたえのある展示

今年で結成51年目を迎えた、日本発の建築運動であるメタボリズム。その初となる大規模回顧展が六本木 森美術館で開催中だ。森美術館ではこれまでも2007年に「ル・コルビュジエ展」など、建築をテーマにした展覧会を開催しており、建築のみならず、美術やデザインなど幅広く建築や都市の魅力を伝えてきた。今回の「メタボリズムの未来都市:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」展でも、メタボリズムの建築的な側面だけでなく、同時代の政治との関係や、日本でおこったメタボリズムという運動が、社会において果たしてきた役割や世界でどのように受容されていったかなど、多角的に検討された展示構成は見ごたえがある。

メタボリズムとは生物学用語で「新陳代謝」を意味する、1960年に日本で生まれた世界的な建築運動である。その活動には、建築家 丹下健三氏の影響を受けた、菊竹清訓氏、大髙正人氏、黒川紀章氏、槇 文彦氏、工業デザイナーの栄久庵憲司氏、批評家の川添 登氏らメタボリズム・グループにくわえ、建築家の磯崎 新氏、大谷幸夫氏といった、戦後日本を代表するそうそうたるクリエイターが名を連ねていたことでも知られる。

本展は、メタボリズムの誕生から世界各地へと展開していったその活動を、「メタボリズムの誕生」「メタボリズムの時代」「空間から環境へ」「グローバル・メタボリズム」と、大きく4つのセクションに分け展示。作品総数は500点以上、メタボリストたちがかかわった約80のプロジェクトを模型や、本展にあわせ特別に制作されたCGなどで、ダイナミックに紹介している。

メタボリズム展|森美術館 02

手前「農村都市計画 黒川紀章」(1960年発表)

メタボリズム展|森美術館 03

手前「広島ピースセンター 丹下健三、浅田 孝、大谷幸夫、他」(1955年竣工)

会場入ってすぐの「メタボリズムの誕生」では、日本が戦後復興を果たしていく過程から、メタボリズム誕生の契機にもなった、1960年5月に世界中から著名デザイナーらを招き東京で開催された世界デザイン会議の模様まで、どのような時代背景において新陳代謝という意味をもつメタボリズムが生まれてきたのかが、年表や当時の貴重な資料とともに紹介されている。これらの展示を見ていると、物も情報もあまり豊かではない戦後間もない時代に、いかに人びとの生活をよりよくしようと建築家やデザイナーたちが奮闘していたかがわかってくる。

ここで印象的なのは、原爆投下により一瞬で廃墟となった広島の復興の象徴ともなった、丹下健三氏の「広島ピースセンター」の模型と、菊竹清訓氏の自邸「スカイハウス」のスケッチと模型である。どちらも正倉院を思わせる高床式の構造をもち、日本古来の伝統的な建築様式を思わせる建築である。ここからわかるのが、メタボリズムは新奇な造形を都市につくろうとした建築運動ではなく、日本の伝統形式を取りこみながら、あたらしい日本の建築様式をつくろうとした運動でもあったということだ。

メタボリズム展|森美術館 05

左/「東京計画1961—Helix計画 黒川紀章」(1961年)、右/「空中都市—新宿計画 磯崎新」(1960年)