Renault Kangoo Bebop|ルノー カングー ビボップ インプレッション

Renault Kangoo Bebop|ルノー カングー ビボップ インプレッション

ニューモデル試乗

Renault Kangoo Bebop|ルノー カングー ビボップ

遊び心をくわえられたカングーの新型「ビボップ」

ルノージャポンは、クルマを買う、乗る楽しみを提案するためデザインをなによりもウリにした2ドアハッチバック「ルノー カングー ビボップ」を発表、9月9日より販売を開始した。

文=小川フミオ

コンパクトで2ドア仕様。よりユニークなスタイリングに

カングー ビボップは、既発のベストセラー、カングーのもつひとつの側面に焦点をあてたモデルといえる。全高1840mmというトールボーイスタイルに、ルーフうしろ半分ほどがヒンジともに、大きく開くユニークなデザインである。機能性よりも遊びを重視し、4人乗りの仕様だが2ドア。はめ殺しになるリアクォーターウィンドウは円弧を組みあわせたデザインとすることで、どことなくクラシックな雰囲気も漂うユニークなスタイリングだ。輸入元のルノージャポンは「直観で買うようなクルマ」というひと言で同車をいいあらわしている。しかし後席の着座位置をリアアクスルの上までずらすことで、広々としたスペースも設けられている。

カングービボップに搭載されるエンジンは、78kW(105ps)の最高出力をもつ1.6リッター。トランスミッションは5段マニュアルのみとなる。高いデザイン性に女性からの印象はよさそうだが、日本においては乗るひとの層を限定してしまうかもしれない。

日本でも販売好調のカングーと比較すると、カングー ビボップは全長で345mm短い。カングー ビボップは、カングーエクスプレスコンパクトという2人乗りの完全な商用車がベースだ。ユーロパレットという欧州でつかわれている荷物運搬用パレット(台座)にあわせたため、幅広のボディサイズが採用されている。しかしカングー ビボップでは、内装のつくり込みなど、商用車の雰囲気はみじんも感じさせない。

不足のない加速性と安定したハンドリング

「日本にはほかのメーカーにはできないようなクルマを導入していきたい。性能や機能でどうこういうのではなく、楽しそうだから、という理由で買ってもらえればよい。
競合車にかんしては、あえていえばMINIやフィアット500。荷物は積めなくてもデザインがいいとか、乗り心地は硬いけれど楽しいからとか、そんな理由で買われることが目論みのクルマである」と、ルノージャポンの広報担当者は語っている。

運転した感覚は、街中では不足ない加速性と、1830mmという横幅を感じさせない取りまわしのよさが印象に残った。カングーと共通の105psの1.6リッターエンジンは2500rpmから上で有効なトルクを発生する設定。マニュアルシフトを駆使してトルクバンドをうまくつかえばキビキビ走る。ハンドリングもけっしてダルではないので、車体サイズから想像されるような、モッサリ感はなかった。

後席にはリアゲートから乗り込むことも可能。天井に設けられたロック解除ボタンを操作し、簡単にルーフのうしろ半分を手動でスライドできる。テールゲートのウィンドウも昔の米国のステーションワゴンのように下げられ、ルノージャポンが”子どもやイヌの特等席”と表現する馬車のランドレットのような、独特な開放感を味わえる。

しいて難をいえば、テールゲートのヒンジが左側になっていること。ボディ幅があるクルマだけに、路上での開け閉めにさいしては路上側に身体をださなくてはいけなくなる。それがやや不安だ。またヒンジには2段階のストッパーがついており、うしろの障害物にぶつかってしまうのを防止することができる。

Renault Kangoo Bebop|ルノー カングー ビボップ photo04

ビボップ限定車 オランジュエタンセル

ボディ色は2トーンのみ。ブラック、ワインレッド、ホワイトメタリックの車体色に、ボンネットとバンパーの一部がグレイッシュシルバーとなる。ブラック色とシルバーの組みあわせはとりわけクラシックとモダンのクロスオーバーのような雰囲気で、とても好ましく思われた。

080507_eac_spec

Renault Kangoo Bebop|ルノー カングービボップ
ボディ|全長3,870×全幅1,830×全高1,840mm
エンジン|1.6ℓ 直列4気筒DOHC
最高出力|78kW[105ps]/5,750rpm
最大トルク|148Nm[15.1kgm/3,750rpm]
駆動方式|前輪駆動
トランスミッション|5MT
価格|234万8000円

ルノーコール
0120-676-365(受付時間9:00~18:00 年中無休)