パフォーマンスと高級感を向上させた3代目CTS|Cadillac

パフォーマンスと高級感を向上させた3代目CTS|Cadillac

CAR NEWS

Cadillac CTS|キャデラック CTS

パフォーマンスと高級感を向上させた3代目CTS

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMJ)は、シボレーブランドのフラッグシップスポーツカー「コルベット」と同時にキャデラック「CTS」を発表。来春より日本での発売をスタートさせる。今回登場したCTSの新型モデルは、第3世代に当たるもので、進化した「アート&サイエンス」を採用したエクステリアデザインと、ぜいを尽くした質感の高いインテリアが特徴だ。

Text by SAKURAI Kenichi

欧州のライバルたちにも勝る高い評価

第7世代の新型「コルベット」と同時発表され、2014年4月から販売を開始するキャデラックの新型ミドルサイズセダン「CTS」 は、599万円の「CTS ラグジュアリー」と、699万円の「CTS エレガンス」という2グレードをラインナップする。両車のおもなちがいは装備で、パワートレーンやボディバリエーションなどは実質同一である。

今回登場した第3世代にあたるCTSは、キャデラックの創立111年を迎えた今年3月のニューヨーク モーターショーでワールドプレミア。アメリカではすでに販売をおこなっており、米国自動車メディア「モータートレンド」誌の「2014カー オブ ザ イヤー」を受賞するなど、評価も高いモデルだ。

Cadillac CTS|キャデラック CTS 07

Cadillac CTS|キャデラック CTS 09

この賞は、その年に登場した新型車が対象となるアワードで、今回は22台がエントリーし、ファイナルステージには、キャデラックCTSのほか、BMW4シリーズ」、ジャガー「Fタイプ」、メルセデス・ベンツSクラス」など欧州メジャーブランドを中心とした強力なライバルをふくむ7台が進出。最終的に3つのことなるコースでハードなテストをおこない、CTSがみごとイヤーカーの栄誉を勝ち取った。

キャデラックは、モータートレンドのカー オブ ザ イヤーを1949年に初受賞していらい、これまで1952年、1992年のキャデラック「セビル」、さらに2008年のキャデラック「CTS」(第2世代)が、このカー オブ ザ イヤーに輝いている。キャデラックCTSとしての受賞は、通算2度目の快挙であるという。