dunhill|シェフ・松嶋啓介が着る“勝負服”

dunhill|シェフ・松嶋啓介が着る“勝負服”

FASHION MEN

dunhill|ダンヒル

サッカー日本代表オフィシャルスーツ“勝負服”

シェフ・松嶋啓介が語る「勝負の要諦」

世界を舞台に勝負している男たちがいる──ダンヒルは、14年にわたって、サッカー日本代表チームにオフィシャルスーツを提供している。そのコンセプトは“勝負服”だ。今回、南仏・ニースで“勝負”をつづけ、8年連続でミシュラン一ツ星を獲得している、シェフ・松嶋啓介氏が“勝負服”を体感。そして、自身が勝負に挑む場面について、話を聞いた。

Interview Photographs by SAITO RyosukeStill Photographs by JAMANDFIXStyling by INOUE YusukeText by IWANAGA Morito(OPENERS)

「シェフとは指揮者である」

――松嶋さんの勝負の場面とは?

毎日が勝負です。シェフというのはマネージメントという立場なので、業者に挨拶に行って、今日の野菜は何があるかとか、いい魚が入っているかとか、そのようなコミュニケーションをとることが、一番重要な勝負どころなんですね。そういった部分をまめにケアできていたら、安心していいものを買えるんです。そこが安定していると、技術以上に重要なところを押さえられるんですよ。

dunhill|サッカー日本代表オフィシャルスーツ“勝負服”×シェフ・松嶋啓介 02

日本でシェフというと、フライパンを振ってるイメージだと思いますが、ヨーロッパでいうシェフは、完全な指揮者なんです。料理人として厨房に立つのではなく、マネージメントに専念するポジションですね。

もちろん料理の技術も大切ですが、それ以上に、センスのほうが問われます。
優秀なシェフにとっては、優秀な料理人であること以上に、お客さんが求めているもの、自分で提案したいものにたいする考えがクリーンになっていることのほうが、必要な能力なんです。

――センスを磨くために心がけていることは?

よく遊び、よく食べ、よく飲むことです。人がどういうことで感動するのか、自分自身が体感することが大切だと思っています。逆に、自分が体験したことで喜べたことは、ほかの人にも共感をもってもらいたい。自分が美味しいと思うから、自分の価値観を楽しんでほしい、という気持ちが重要なんです。

また、自然からのインスピレーションも大切にしています。山や海に行ったり、最近はスキューバにもはまっていて、あそこに魚がいて隣にウニがいるっていうのを見ると、じゃあ来週はウニと鯛だな、というふうに。季節が変わると、海も変化して魚も変わります。それを通訳してテーブルにのせている、といった感じです。

――日本にオープンした「Restaurant-I(レストラン アイ)」では地産地消を謳っています。

それも実はおなじことなんです。日本に帰国したら、時間があるときにはできるだけ畑や山や海に行ってインフォメーションを集めます。そこで感じた「旬」を、そのままお皿に届ける作業をするだけなんです。

「野生のカン」という言葉がありますよね。それは、インフォメーションの捉え方がすごく速い人がもっているものだと思うんです。例えば漁師と海に行くと、その日の太陽の出方と海流の流れや温度を、感覚で理解して、魚が獲れる適切な場所に網を張っているのがわかります。

dunhill|サッカー日本代表オフィシャルスーツ“勝負服”×シェフ・松嶋啓介 03

原宿・神宮前「レストラン アイ」

それはすべて、自分の経験を基に判断ができているということなんです。僕もその感覚を大事にしたいと考えています。

スーツを着る=“勝負”

――普段どういった場面でスーツを着ることがありますか?

基本的にはカジュアルな格好のことが多いのですが、公式の場にはスーツで参加しますね。南フランスには15年ほど住んでいるのですが、リラックスして生活する、という土地柄なんです。それはビジネスにおいても当てはまります。例えば船上での会食もビジネスの現場ですが、スーツを着ることは少ないです。ざっくばらんにお互いの気持ちを話し合い、テーブルの下で交渉する。そこで話をとりまとめて、公式の場でスーツを着て書簡にサインをする、という流れです。つまりスーツは、契約や交渉を成立させるような、重要な局面に臨むためのアイテムなんです。

日本では毎日スーツを着ている方が多いので、その効果が薄れてしまっているのかもしれません。僕にとっては、機会が多くない分、スーツを着るシチュエーション自体が、はずせない、肝要な、「勝負の場面」になりますね。

――現在着用されているスーツは、ダンヒルがサッカー日本代表チームに提供しているオフィシャルスーツになります。

dunhill|サッカー日本代表オフィシャルスーツ“勝負服”×シェフ・松嶋啓介 05

そうなんですね。実は、日本代表の選手に知り合いもけっこう多いんですよ。日本代表だけじゃなくフランス代表の友達なども、お店に来ることがありますよ。そういう意味でもサッカーは身近なスポーツです。

着るものに関して言えば、向上心や野心の強い選手たちはやっぱり、かっこつけてますよね。“かっこつけてる”というのは、もっと上のステージを目指すためにいいものを着ている、という認識です。そういう点で、意識を高めるために、装いに気を配ることは大切だと思います。

たぶんこのスーツも、そういう意識をもって袖を通すものなんじゃないかな。身につけるものって特別なものであるほど、想いが強くなるじゃないですか。実際に着てみて、このスーツが勝負の場面にふさわしい特別なものだと実感しますね。

ABOUT
MATSUSHIMA Keisuke

フランス・ニースと東京で展開するレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」でオーナーシェフをつとめ、フランスの伝統的な味と日本人の繊細な感性や価値観を表現し、2006年に28歳の若さで外国人シェフとして最年少でミ …