ポルシェ 911 GT3 に試乗|Porsche

CAR FEATURES

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3

ポルシェ 911 GT3 に試乗

50周年を迎えた、ポルシェ「911」。ポルシェはこの節目となる年に、“991型”911をベースとした、ワンメイクレース向けレーシングカー「911 GT3 CUP」と、その公道バージョンというべき「911 GT3」をジュネーブモーターショーで公開した。今回ここで、河村康彦氏がリポートするのは、後者。最高回転数9,000rpm、最高出力475ps/8,250rpmの自然吸気エンジンをリアに宿す、公道をゆくもっともレーシングカーに近い911の最新モデルや、いかに?

Text by KAWAMURA Yasuhiko

911 GT3 5代目に

最強、もしくは最速! といったタイトルでは、その座をターボ付きモデルへと譲る事にはなる。が、「もっとも“刺激的”な911」となれば、そこでの支持率は俄然アップするにちがいない──それが、“もっともサーキットに近い911”こと「911 GT3」のキャラクターだ。

典型的な高回転・高出力型の自然吸気エンジンを搭載し、シャシー・サスペンションのセッティングもそんな強心臓に相応しいもの。くわえて、組みあわせるトランスミッションもMTに限り、「911シリーズ中にあっても、もっともスポーティで“ハードコア”」というキャラクターを明確に演じて来たのが、これまでのGT3というグレードだった。

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3 (997型)

先代にあたる997型 911 GT3

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3 (991型)

最新型となる991型 911 GT3

ここに紹介の最新991型 911 GT3は、1999年に登場の“初代モデル”から数えて5代目となるもの。「従来型にくらべ重量を約13パーセント軽減のいっぽうで、ねじれ剛性値は約25パーセントのアップ」と謳うそのボディシェルは、もちろんカレラ シリーズと同様の、鉄とアルミを主体とした“ハイブリッド構造”を採用する一品。

従来型の場合と同様、リアのフェンダー付近を拡幅した、「カレラ4」シリーズ用の“ワイドボディ”がそのベースとされている。