くまモン x ミニ|MINI

くまモン x ミニ|MINI

CAR NEWS

MINI Kumamon|くまモン MINI

くまモン仕様のミニ

熊本を代表するキャラクター「くまモン」がオックスフォードにあるミニの工場を見学。記念にプレゼントされたのは、くまモン仕様のミニだった。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

熊本県庁の営業部長、オックスフォードへ

2011年から熊本県のキャラクターとして活躍し、現在は県庁の営業部長をつとめる「くまモン」。その彼が、おなじ熊をモチーフとして世界中から長年愛されている「パディントンベア」に招待され、英国へ渡った。

1958年に誕生し、熊キャラとしての先輩にあたるパディントン ベアに案内されたのは、今年100周年をむかえた、オックスフォードにあるミニの工場。エスコートしたパディントンベアは、1959年発売のミニを例に、長年愛される秘訣として“個性的なフォルム”“デザインやカラーリングのオリジナリティ”“小回りの利く機動力”の3つを挙げたという。

工場見学のあと、パディントン ベアから、サプライズで「くまモン仕様MINI」が披露された。「ミニ コンバーチブル」を、くまモンの顔をモチーフに、ヘッドライトを眼に、フォグランプをほっぺの赤に、そしてサイドミラーを耳に見たててペイントされている。サイドには、おなじみのくまモンのイラストと、MINIのフォントで「KUMAMON.」と明記される。

くまモンが運転免許を取得してるのかは不明だが、その喜びようは写真からも強く伝わってくる。

このくまモンMINI、7月13日(土)には地元熊本のディーラーにて公開、あわせて、全国のMINIディーラーでは試乗、見積もりしたひとを対象に、記念ステッカーを配布する予定だという。