ラグジュアリー SUV レンジローバーの世界|Range Rover

ラグジュアリー SUV レンジローバーの世界|Range Rover

CAR IMPRESSIONS

Range Rover Autobiography|レンジローバー オートバイオグラフィ
Range Rover Sport 5.0 V8 Limited|レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド

ラグジュアリーSUVといえばレンジローバー

レンジローバー & レンジローバー スポーツの世界

イヴォーク、レンジローバー スポーツ、レンジローバーと3つのボディバリエーションを展開するレンジローバー。いずれも劣らぬ、英国産ラグジュアリーSUVだ。今回は、そのレンジローバーブランドの最高峰、「レンジローバー オートバイオグラフィ」と、日本でもモデルチェンジを目前に控えて、いよいよ手に入るチャンスもあとわずかとなった「レンジローバー スポーツ」の限定モデル「5.0 V8 リミテッド」を、長崎で九島辰也氏とともにテストした。

Text by KUSHIMA TatsuyaPhotographs by ABE Masaya

なぜレンジローバーを選ぶのか?

イヴォークの登場で新たなセグメントへ打って出たランドローバー。

とはいえ、ラグジュアリー嗜好の人気モデルといえば、レンジローバーとレンジローバースポーツにほかならない。洋の東西に限らず、ラグジュアリーSUVの最高峰はこれで決まりだ。

もちろん、そこにはこれまでつきかってきたストーリーがある。

1970年デビュー当時からレンジローバーは位の高い人々の趣味の足として愛用されてきた。ハンティングやキャンプ、ホースライディングといったアクティビティ、それと大陸を横断するといった冒険なんかにも使われた。

そもそも冒険なんてお金と時間のかかることは、相当余裕のある人々にしかできない芸当だ。

では、なぜ彼らはレンジローバーを選んだのか。

その理由はこのクルマがオンリーワンだったから。

つまり、悪路を走れる4WD機能とアクティビティに使うギアを積めるカーゴスペースが十分にあるクルマはほかになかったのだ。それまでは4WD車は荷物を積めず、2WDのステーションワゴンは悪路を走り切るだけのパフォーマンスを備えなかった。

また、位の高い人がこのブランドを躊躇なく使う理由はほかにもある。

ランドローバーはシリーズ1からエリザベス女王のパレード車として使われていた事実がある。前述したように、英国の自動車産業において、オンリーワンだったことでそんな使われ方をした。

背の高いクルマがパレードに都合がよかったのはご想像のとおりである。

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバー

1971年式の初代レンジローバー

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバー

北米からの追い風

最大のマーケットである北米での動向もこのクルマの誕生と関係する。アメリカ大陸におけるSUVの需要がどんどん高まってきたのはちょうどこの時期。

彼の地ではピックアップトラックおよびその派生であるSUVは当たり前の存在となる。そして、そこにレジャー的要素が求められてきたのもまさに60年代以降の流れ。見るからにヘビーデューティなモデルよりも、家族団らんの足となるSUVが求められるようになったのだ。

ランドローバーの首脳陣はそこをめがけてレンジローバーの開発に取り組んだ。もちろん、そこで成功すれば外貨獲得の絶好のチャンスとなるのはいわずもがなである。

アメリカにおけるラグジュアリーSUVの起源は、一説に63年にリリースされた「ジープ ワゴニア」ともいわれる。それまでにない、ウッドパネルをボディに貼るという行為が、グレードの高さをアピールした。