電動ポルシェがはじまる|Porsche

CAR FEATURES

Porsche Panamera S e-hybrid|ポルシェ パナメーラ S eハイブリッド

電動ポルシェがはじまる

上海モーターショーにてポルシェ「パナメーラ」が初のモデルチェンジを果たした。注目をあつめるのは、よりエコ性能をたかめ、プラグインハイブリッド化という道をとった「パナメーラ S e-hybrid」だ。今回はその「パナメーラ S e-hybrid」ついて、これを解説するワークショップに出席した河村康彦氏のリポートをお届けする。ポルシェがかんがえる、あるべきエコカーとは何か?

Text by KAWAMURA Yasuhiko

ただのプラグイン化であるはずがない

4月に開催された上海モーターショーで初公開された、マイナーチェンジを受けた「パナメーラ」。

成長をつづける中国市場を強く意識しての全長とホイールベースを拡大した「エグゼクティブ」グレードの追加、および、従来の自然吸気4.8リッター8気筒エンジンに代えて開発されたツインターボ付き3.0リッター6気筒エンジンのS / 4Sグレードへの新搭載が、今回のリファインでの大きな目玉。とともに、大きなトピックとなったのが、ハイブリッドモデルのプラグイン化。

とはいえ、そこは“技術者集団”でもあるポルシェの事。その内容が、「これまでの『S ハイブリッド』を、単に外部充電対応とした程度」などに留まっていないのは、期待と予想通りと言って良いだろう。

実際、あたらしいシステムでは駆動用モーターの出力が2倍以上にまで引き上げられ、バッテリー容量も5倍以上に拡大。それを、基本的には従来と何も変わらないパッケージングの中に収めている。

Porsche Panamera S e-hybrid|ポルシェ パナメーラ S eハイブリッド

ポルシェが考える”電動化”とはいかなるもので、それは他のブランドのアプローチとはどうことなるのか? そんな事を探るべく、テクノロジーワークショップが開催された本国ドイツを訪れた。