ゴルフのデザイン ジウジアーロ×デ・シルヴァ|Volkswagen

ゴルフのデザイン ジウジアーロ×デ・シルヴァ|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン ゴルフ

ジョルジェット・ジウジアーロ×ワルター・デ・シルヴァ×和田智

ゴルフのデザイン

エバーグリーン、とも評される「ゴルフ」のスタイリング。フォルクスワーゲンのデザイナーは、なにを考え、新型ゴルフを送り出したのか。2013年5月20日に、東京都体育館のアリーナを使っておこなわれた発表会場から、デザイナーの鼎談をお送りする。

Text by OGAWA Fumio

ゴルフのモデルチェンジとは?

和田智(敬称略・以下和田) 新型ゴルフの発表会に呼んでいただいて光栄です。僕は、アウディ デザインに籍を置き、「A5」、「A7」を手がけたとき、デ・シルバさんと一緒に仕事をさせてもらいました。ここでは、新型ゴルフのデザインにまつわる話を聞かせてください。

ワルター マリア デ・シルバ(同・デ・シルバ) 今日は東京に来られて嬉しくおもいます。新型ゴルフは欧州のカー オブ ザ イヤーを受賞しました。私たちにとって、ゴルフの開発はたいへん重要です。なにしろ(フォルクスワーゲンの本社がある)ウォルフスブルグで40年にわたり2,900万台がつくられてきたのですから。ゴルフの進化とは、繰り返さないように繰り返していくむずかしさを伴います。

ジョルジェット ジウジアーロ(同 ジウジアーロ) 私の子どもが私に似ているように、クルマでも受け継がれていくものがあります。ゴルフでもおなじだとおもいます。ゴルフとして継承されていくべきものがあります。

デ・シルバ フォルムやディテールがまったく変わってしまうと、もはや継続性における論理はなくなってしまいます。多くのクルマはあたらしさを念頭に、変化していきますが、ゴルフはことなります。

水平ラインを基調に、太いCピラーと美しいボディパネルなど、ゴルフをゴルフたらしめている特徴を大事にしています。

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン ゴルフ

和田 ジウジアーロさんが、初代をデザインしたとき、大切にした要素はなんでしょうか。

ジウジアーロ 1970年代でしたね。フォルクスワーゲンがビートルに代わるモデルを考えなくてはいけない時期でした。彼らが求めていたのは、量産でき、価格がそれなりに低く経済性も高い、というモデルでした。私はそれを念頭にデザインしました。

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン ゴルフ
Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン ゴルフ

デ・シルバ クルマがモデルチェンジをつづけていくなかで、技術発展や操縦性の向上など、アップデートする要素はいろいろありますが、VWは文化的側面をなによりも大事にしてきたとおもいます。VWが重要だと考えているのは、クルマの民主化。つまりいいクルマを安く供給することです。

ジウジアーロ 私が考える本当のデザイナーとは、クルマの核をきちんととらえて、企業の立場にも立てる人間です。初代ゴルフが評価されたのはなぜかと考えると、けっして、ルックスだけではないでしょう。アーキテクチャー、つまり、エンジンを含めたパッケージと価格が成功の要因だったのではないかと。ならば、モデルチェンジのときにも、そこを放棄してはいけません。