快適性を高めるシトロエンの新型SUV「C5エアクロスSUV」発売|Citroen

快適性を高めるシトロエンの新型SUV「C5エアクロスSUV」発売|Citroen

CAR NEWS

Citroen C5 Aircross SUV|シトロエン C5エアクロス SUV

快適性を高めるシトロエンの新型SUV「C5エアクロスSUV」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは5月28日(火)、シトロエンの新型SUV「C5エアクロス SUV」を発表。販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

ハイドロニューマチックを現代的に解釈したPHCを搭載

今年100周年を迎えたシトロエンが新たな“C5”として新型「C5エアクロス SUV」を発表した。

コンセプトとして打ち出したのは「コンフォート(快適性)」。「シトロエン アドヴァンス コンフォート® プログラム」により、サスペンションやシート、空間、素材、エアクオリティ、音響の6つのポイントで快適性を高めたと謳う。

特筆すべきはサスペンション。「DS」や先代の「C5」「C6」などで用いられてきたシトロエンの代名詞であり、“魔法のじゅうたん”と評されたハイドロニューマチックを現代的に解釈したPHC(プログレッシブ ハイドローリック クッション)を搭載した。

Citroen C5 Aircross SUV|シトロエン C5エアクロス SUV
Citroen C5 Aircross SUV|シトロエン C5エアクロス SUV

現在のシトロエンWRCカーに採用されている技術を応用したPHCの技術は、通常のダンパーにセカンダリーダンパーが追加されたシステムで、ダンパーシリンダー内にも第二のダンパーシリンダーを配置。

セカンダリーシリンダーにはその内径に合ったセカンダリーピストンが与えられ、ストロークが進むとセカンダリーピストンがシリンダーに入り込み、ハイドロリックストップとして作用するポジション センシティブなダンパー。これがソフトな乗り心地に寄与し、大きな凹凸があってもセカンダリーピストンとシリンダーが生み出す減衰力で衝撃をスムーズに吸収するという。

Citroen C5 Aircross SUV|シトロエン C5エアクロス SUV
Citroen C5 Aircross SUV|シトロエン C5エアクロス SUV

パワートレインは、プジョー「508」などにも搭載されている2リッター直列4気筒ディーゼルターボ エンジンと8段AT(EAT8)との組み合わせで、最高出力130kW(177ps)、最大トルクは400Nmを発生。

駆動はFFだが、ラリーフィールドでのノウハウを活用した車両制御システムを採用したとシトロエンが謳うように、センターコンソールのダイヤルで路面状況に応じてマッド(泥)やスノー(雪)、サンド(砂)、そして通常のESCオフから選択可能。また勾配が5度以上の急な下り坂でドライバーのブレーキ操作なしに自動的に車速を低速に保つヒルディセント コントロールも装備されている。