初号機と同素材を用いた「シーマスター ダイバー300M」の限定モデル|OMEGA

OMEGA|初号機と同素材を用いた「シーマスター ダイバー300M」の限定モデル

Watch & Jewelry NEWS

OMEGA|オメガ

レアメタル、再び!「シーマスター ダイバー
300M」のリミテッドエディション

オメガは「シーマスター ダイバー300M」初号機と同じ素材を用いた「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン タンタリウムリミテッドエディション」を世界2500本限定でリリースした。

Text by YANAKA Tomomi

光沢のあるブルーグレーの風合いを持つレアメタル、タンタリウム

2018年に誕生から25周年を迎えたアイコニックな「シーマスター ダイバー300M」がルックス、機能ともに変貌を遂げて生まれ変わった。

1993年に登場した「シーマスター ダイバー300M」初号機にはタンタリウムというユニークなメタルが使用されていた。このタンタリウムは、主に電化製品や医療機器に使用される素材。光沢のあるブルーグレーの金属で、ゴールドよりも希少性が高く、スチールよりも硬く、耐食性に優れる性質を持つ。

しかし、取り扱いが難しい素材ということもあり、その後に時計業界で使用されることはほとんどなかったが、独特の色合いと革新的なデザインは、「シーマスター ダイバー300M」初号機の人気要因だった。

そんな伝説の素材を再び使用した「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン タンタリウムリミテッドエディション」。ケースとブレスレットはブラッシュ仕上げのグレード2チタン製。ブルーグレーのタンタリウムをベゼルのベース、そしてブレスレットのミドルリンクに使用し、絶妙なカラーコントラストを創出している。

さらには18Kセドナゴールドも採用。リュウズやベゼルリング、円錐形のヘリウムエスケープバルブなど各所にアクセントとして配され、ケースサイドには同じくセドナゴールド製のプレートがあしらわれており、限定ナンバーが刻印されている。

波模様が施されたグレーのチタン製ダイアルには、レーザー加工により波の部分が盛り上がるようにエングレーブ。初号機と同じ特徴が与えられ、ケースバックのデザインをモチーフにしたスペシャルボックスに収められている。

オメガ シーマスター ダイバー 300M
オメガ シーマスター ダイバー 300M
オメガ シーマスター ダイバー 300M
オメガ シーマスター ダイバー 300M
オメガ シーマスター ダイバー 300M

シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン
タンタリウム リミテッドエディション

ムーブメント|自動巻き Cal.8806
パワーリザーブ|55時間
ケース素材|グレード2チタン、18Kセドナゴールド
ケース径|42mm
ブレスレッド素材|グレード2チタン、18Kセドナゴールド、タンタリウム
価格|139万円(税別)
限定|世界限定2500本

問い合わせ先

オメガお客様センター

Tel.03-5952-4400

http://www.omegawatches.jp