フランク ミュラー限定50本の「トノウ カーベックス グランギシェ」|FRANCK MULLER

FRANCK MULLER|フランク ミュラー限定50本の「トノウ カーベックス グランギシェ」

Watch & Jewelry NEWS

FRANCK MULLER|フランク ミュラー

フランク ミュラーの代名詞「トノウ カーベックス」に
グランギシェを組み込んだリミテッドエディション

フランク ミュラーの代名詞である「トノウ カーベックス」のオリジナルシェイプ“2851”に、グランギシェ(ビッグデイト)を組み込んだリミテッドエディションがリリースされた。ホワイトまたはブラックダイアルの2モデルが、それぞれ限定25本で取り扱われる。

Text by OZAKI Sayaka

ケースデザインにクラシカルな美を宿した永遠のスタンダード

「トノウ カーベックス」は、世界初の複雑機構を創出するべく没頭していた当時28歳のフランク ミュラー氏が、親しいコレクターのパートナーから「ラウンドではなく、あなた独自のデザインの時計を」と依頼を受け、ブランドを創設する約5年前に誕生させたモデルだ。球体から切り出したような3次元曲線を有し、平面的なトノウ型とはまったく異なる立体的なフォルムと、のちにブランドのアイコンともなるビザン数字も、この時に初めて製作された。フランク ミュラーが複雑機構のみならずケースデザインにおいても世界初を目指し、ただならぬ情熱のもとに生み出したこのオリジナルモデルは、わずかな期間しか生産されていない、極めて希少なモデルとなった。

そして2019年、このオリジナルシェイプ“2851”にグランギシェ(ビッグデイト)を組み込んだリミテッドエディションが発売された。特徴はもちろん、ビザン数字とグランギシェのメカニズム、色褪せない美しさをまとったケースデザインだ。12時位置に配したグランギシェは、フランス語で“大きな窓”という意味。ふた桁の日付は、2枚の回転ディスクを並列に重ね合わせ、それらの数字を2つの窓越しに表示させる複雑なシステムが採用されている。デジタル表示を連想させるこのシステムは、19世紀の劇場の壁や大きな柱時計に採用されたもの。離れた場所からでも読み取り易いよう、敢えて大きな数字を採用したことにちなんでいる。

今回のリミテッドエディションは、2000年に発表された同様の機能を備えたモデル“LIMITED2000”を彷彿とさせるが、12時位置に配されたグランギシェや、ビザン数字の大きさ、秒針のデザイン変更など、各所でマイナーチェンジが施されており、クラシックラインのファンをうらなせる仕上がりとなっている。

フランク ミュラー トノウ カーベックス グランギシェ
フランク ミュラー トノウ カーベックス グランギシェ

トノウ カーベックス グランギシェ

Ref.|2851S6GGLTD 3N
ムーブメント|自動巻き
パワーリザーブ|約42時間
表示|時、分、6時位置にスモールセコンド、ビッグデイト
ケース素材|18KYG
ケース径|45mm×30mm
ストラップ素材|クロコダイル
価格|260万円(税別)
限定数|各25本

問い合わせ先

フランク ミュラー ウォッチランド東京

Tel.03-3549-1949

http://www.franckmuller-japan.com