プジョー308、ガソリンエンジンを1.2リッター3気筒ターボに刷新|Peugeot

プジョー308、ガソリンエンジンを1.2リッター3気筒ターボに刷新|Peugeot

CAR NEWS

Peugeot 308|プジョー308

ガソリンエンジンを1.2リッター3気筒ターボに刷新

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのCセグメントモデル「308」に新型ガソリンエンジンなどを導入し、発売した。

Text by YANAKA Tomomi

トランスミッションも最新の8段ATを採用

2016年にフルモデルチェンジした「308」。昨年12月にダウンサイジングした1.5リッター クリーンディーゼルエンジンを投入したのにつづき、ガソリンエンジンでも刷新が図られた。

新ガソリンエンジンは1.2リッター直列3気筒ターボで、最新の欧州環境規制にも対応。新たにインジェクションシステムを採用し、排ガス基準に対応するため燃料噴射ポンプの圧力は250バールに高められ、ターボチャージャーは電子制御式に変更されている。

最高出力は96kW(130ps)/5,500rpm、最大トルクは230Nm/1,750rpmを発生。トランスミッションもディーゼルモデルと同じく電子制御8段AT(EAT8)を採用し、これにより308はGTiをのぞき、全車8段ATかつ、パドルシフト付きモデルとなった。

このトランスミッションでは、3つのドライブモードが選択可能。エコモードでは新搭載のフリーホイール機能により、走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切ることができ、燃費改善に寄与するという。

また安全装備ではアクティブクルーズ コントロールを全車に標準装備した。

新ガソリンエンジンのグレードと価格は「308アリュール」が283万9,000円、ステーションワゴンの「308 SWアリュール」が308万7,000円、特別仕様車でスポーティな仕様の「308GT ライン」が308万9,000円となる。

問い合わせ先

プジョーコール

0120-840-240