フィアット500X、改良モデルを導入|Fiat

フィアット500X、改良モデルを導入|Fiat

CAR NEWS

Fiat 500X|フィアット500X

フィアット500X、改良モデルを導入

FCAジャパンはフィアット500シリーズのSUVモデル、「500X」を商品改良し販売を開始した。価格は298万円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

エンジンの大幅改良がポイント

500Xは2015年10月に日本に導入が開始され、約3年半での商品改良となる。

今回のリファインのポイントは内外装の変更とともに、エンジンが新世代のオールアルミ製1.3リッター直列4気筒ターボエンジンになったことだ。

これまでは1.4リッターターボであったので、排気量としてはダウンサイジング化されたが、燃焼室形状の最適化や、フィアット独自のテクノロジーであるマルチエアーの進化によって、燃費はもとより最高出力や最大トルクも151ps/270Nmと、それぞれプラス11ps/プラス20Nm向上。ノイズや振動も低減したという。

FCAジャパンマーケティング本部プロダクトマネージャーの生野逸臣さんはこの点について、「特にアイドリングストップが介入した後の再始動時、通常は振動が乗員に伝わることもあるのですが、このクルマに関してはそれがほとんど感じられないのです。業界を通して素晴らしい進化ではないかと思います」とコメントする。