BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4

BMWの最新ロードスター Z4に試乗

2018年のペブルビーチ コンクール デレガンスでデビューし、この3月に日本でも発売された新型BMW「Z4」。初代Zシリーズたる「Z1」から数えると6代目となる同モデルに試乗した。

Text & Photographs by HARA Akira

Zシリーズの系譜を振り返る

60年以上の歴史を持つBMWのロードスターモデル。その現代的量産モデルとして1989年に登場したのが、Zシリーズの初代モデルである「Z1」だ。縦にスライドする独創的なサイドドアが特徴で、1991年までの2年間で8,000台が生産された。

BMW Z1

BMW Z8

2代目となる「Z3」は1995年に登場。コンパクトなボディに軽量なソフトトップが組み合わされたこのモデルは世界中で大人気となり、7年間で29万7,000台が販売された。

向かって左から、BMW Z1、Z3、Z8、初代Z4

3代目は2000年にお目見えした高級オープンモデルの「Z8」で、ジェームス・ボンドの愛車として007シリーズの映画に“出演”。

2002年にはリトラクタブル ハードトップを装備した先代の「Z4」がデビューし、2008年までの間に11万5,000台が製造されている。

2009年には、2世代目となるZ4が発表され、2016年まで販売された。

2019年3月にデビューしたZシリーズ6代目となる新型Z4のテーマは、「美しさとダイナミックの共存」。ロングノーズ ショートデッキの美しいボディに、パワフルな6気筒と4気筒エンジンを搭載し、軽量ソフトトップを採用した2シーター ロードスターとして設計されている。その出来栄えを確かめるため、馴染みのワインディングロードで開催された試乗会に参加した。