「ハッピー・モンキー・タウン」

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.44

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

今回のベスト7は、大魔王が最近また再注目しているという、とあるエリアの一角をフォーカス。その場所とはいったいどこ!?…答えはタイトルをご覧ください。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

vol.44  ハッピー・モンキー・タウン【hæ’pi mʌ’ŋki táun】

祐真「今の代官山は、蔦屋書店が数年前にオープンしたこともあり、また人が多く集まる街になっています。僕も仕事の探しものや、個人的な買物に来ることも多く、約30年前に上京してからずっと好きな街です。

中でも特に好きな一角が、猿楽町19番地、20番地、25番地にあるT字路付近。この一角にはジャーニーがあり、メゾン キツネがあり、ハイ!スタンダードやステューシー、デサント ブランがある。ジャーニーでは自分用のものを買い、ハイ!スタンダードでは撮影で使うソックスやTシャツをパック買い。最近できた店ではキャバンもいい店だと思います。僕はパーカを愛用中。そして、その一角の中心には、日本発のスタイルを発信し、外国人も多く訪れるオクラがある。あんな狭いエリアにこれほどたくさんの個性的かつ魅力的なショップがギュッと詰まっているなんて、他にはないことなんじゃないかな。きっとあの一角には、何かしら不思議なパワーがあるのだと思いますね。

余談ですが、僕が代官山を初めて訪れたのは高3の時。ハリウッド ランチ マーケットを出たところ、道路にクリーム色のロールスロイスが停まっていて、後部座席には俳優の渥美清さんが座っていらっしゃいました。僕が『あ、寅さんだ!』とつぶやいたら、それに気づいた渥美さんが感じよく僕に会釈をしてくれた思い出があります。そのおかげで代官山の第一印象がとても良かった!今でも大好きな街です」

ブレザー3万9000円、シャツ1万9000円(ブルックス ブラザーズ)、パンツ2万6000円(ブリーチェズ)、ネクタイ1万円(ポケット スクエア クロージング/ジャーニー 03-3461-8506) *その他/本人私物

JOURNEY|ジャーニー

大正時代に建てられ、第二次大戦後に再建した日本家屋をそのままに、ギャラリースペースのあるショップとしてオープンしたジャーニー。ちょっとした旅の小物や国内外からセレクトされた……

MORE >>


CABaN|キャバン

トゥモローランドの新ブランドとして2018年に始動。ジェンダーや年齢、国籍を超えて着る人の個性を輝かせる、シンプルかつプレイフルな……

MORE >>


MAISON KITSUNÉ|メゾン キツネ

2016年にオープンした日本で3つ目のブティック。改装前のホテルオークラ東京からインスピレーションを得ており、木組みを多用した和モダンな内装が特徴的。毎シーズン話題となるコラボレーションアイテムのほか……

MORE >>


HIGH! STANDARD|ハイ!スタンダード

旧山手通りのハリウッド ランチ マーケットと並んで、初めて代官山に訪れる人が必ずといっていいほど訪れる店。1982年にオープン以来、赤い看板がT字路のランドマーク的存在となっており……

MORE >>


STÜSSY|ステューシー

1980年に南カリフォルニアでブランドが設立。サーフ&スケートカルチャーをベースにしたアメリカン・リアルクローズのパイオニア的存在でもあり、根強い人気を誇る。2014年にオープンした代官山店は……

MORE >>


OKURA|オクラ

蔵のようなどっしりとした外観が目印のオクラは「都会の中の田舎」がオープン当初からのコンセプト。日本の伝統的な藍染めなどを駆使したカジュアルアイテムや……

MORE >>


DESCENTE BLANC|デサント ブラン

スポーツブランドのデサントが、ランニングウェアやベーシックなライフスタイルウェアで心地よい日常を提案するコンセプトショップ。ショップには、オルテラインをメインに……

MORE >>


【spot light】

BOMBAY BAZAR|ボンベイバザー

祐真「「オクラの脇の階段を降りた地下にあるボンベイバザーは、オープンしたのがオクラと同年の1993年。久しくここのカレーを食べていなかったと思い、昔からの人気メニューであるチキンカレーを……

MORE >>

BEHIND THE SCENES OF ザ・ベスト7