祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.38 中村獅童さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.38 中村獅童さん

祐真朋樹対談

Page. 1

今回の編集大魔王対談には、2019年5月11日(土)から、東京・天王洲の寺田倉庫、歌舞伎町の新宿FACEで開催される「オフシアター歌舞伎」に出演する歌舞伎俳優の中村獅童さんが登場。演目に近松門左衛門の「女殺油地獄」を取り上げ、これまで歌舞伎が上演されることのなかった空間での公演に向けて意気込みを語っていただきました。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)

倉庫とライブハウスという新しい劇空間での歌舞伎公演

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真)今回、脚本と演出を手掛けられた赤堀雅秋さんとの共作となる、近松門左衛門原作「女殺油地獄」ですが、一番の見どころはなんですか?

中村獅童さん(以下、獅童)2006年に河内屋与兵衛の初役を演じた時、三越劇場という小さめの空間で上演したのですが、いつかまたこの演目を違った形でやりたいなと思ったんです。20代でニューヨークに行った時、オフ・ブロードウェイをはじめ、倉庫での上演など様々なスタイルの演劇があることを知り、その頃から、いつか倉庫で歌舞伎をやってみたいとも思っていて。倉庫で開催されるファッションショーがあるなら、歌舞伎とか演劇があっても面白いなと感じていました。倉庫でやるなら、蝋燭の火の中で昔ながらにやれたらいいなとも思いましたが、実際、一般的な倉庫にはトイレがなかったり、演劇をやるにあたってなかなか難しいものがありました。特に、僕らは白塗りをするので、水がないと困りますし。そこで、寺田倉庫が候補にあがったんです。ファッションショーもやっているし、ここでやれたら最高だな、と決めました。

祐真 なるほど。

獅童 それから、いろんな人種や性別、世代の人たちがいる新宿・歌舞伎町という混沌とした街でダークな歌舞伎をやるのも面白いと思いました。「女殺油地獄」は歌舞伎座で上演することもありますが、これは300年前に実際にあった事件をそのまま芝居にしているんです。借金まみれになった放蕩息子が金のために油問屋の奥さんを殺しちゃうという残忍な、わがまま放題の少年犯罪のストーリーです。

祐真 今でもありそうですね。

獅童 そうですね。現代にも通じるテーマ性に惹かれてこの演目にしました。

祐真 舞台はどのようなつくりになるんですか?


獅童 まず、現代の生活から一歩足を踏み入れた瞬間、300年前の近松のこの時代にタイムスプリップして、その事件やその情景をどこかから盗み見しているような気持ちになっていただけるようなつくりにしたいと思いました。

祐真 客席との距離も近そうですね。

獅童 はい。劇を見ているというよりも、目の前で起きている事件を目撃してしまった、というような気持ちになっていただけるかなと。そして今回は、360度どの位置からでも舞台が見られるようになっているんです。大掛かりな道具を飾るわけでもなく、シンプルにしました。だからこそ、そこで問われるのが演技力。誰が主役とか脇役とか関係なしに、一瞬たりとも休むことなんてできないし、気を抜くことなんて当然できません。360度、常に見られている状態なので。

祐真 客席はあるんですよね?

獅童 わかりやすくいうと、格闘技みたいにリング=舞台があって、そのまわりを椅子が囲うという形です。

祐真 なるほど、ライブ感がさらに増しますね。盛り上がりそうだし、新しい歌舞伎像を垣間見れそう。

獅童 何かをプラスしていくというより、どんどん削ぎ落としてシンプルにしたいと思っています。奇をてらって何かド派手なことをやるよりも、人間模様だとか、一人ひとりの人間像をくっきり浮き彫りにさせるようなものを目指したいですね。現代の世界から近松の時代にタイムスリップする瞬間を表現するためにプロジェクションマッピングを使う予定です。会場に入ると、場内には映像が流れていて、ある瞬間からパッと歌舞伎の世界に入るような演出を考えています。

祐真 最初に誘導するのは世界観に入り込みやすいし面白いですね。

獅童 劇中の殺しのシーンでも使う予定です。デジタルとアナログの融合というよりも、あくまで歌舞伎を表現する手段としてですけどね。初音ミクさんとの「超歌舞伎」がデジタルと歌舞伎の融合だとしたら、今回は歌舞伎の古典にこだわったモノづくりになっています。

祐真 楽しみです。見せ方としてはテント芝居と通じるものがありますね。

獅童 そうですね。僕は80年代のアングラ演劇から影響を受けていますし、それに対する憧れはずっとあります。この演目はダークでアングラ的ですしね。そもそも歌舞伎もアングラというか、ストリートから発生した芸能なので。当時はファッション誌なんてなかったから、歌舞伎を見て着こなしを真似したんだと思います。当然パンクやロックミュージックもないので、そういう精神の人は歌舞伎役者だったのかなと。時代を切り拓いていく歌舞伎者といわれるような精神は、やはり歌舞伎の中に存在すると思います。現代を生きる僕としては、ロックもパンクもファッションも好きだけど、それらの要素はすべて歌舞伎にあるんだということをアピールしていきたいです。特に、ファッションは好きだけど歌舞伎には興味がないという若い世代の方に是非とも見ていただきたいという思いで、今回この企画を立ち上げました。

Page02. 歌舞伎は大衆向けの娯楽だから、気軽に楽しんでほしい

ABOUT
NAKAMURA Shido
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタ […]