日産GT-RとフェアレディZに誕生50周年記念モデル|Nissan

日産GT-RとフェアレディZに誕生50周年記念モデル|Nissan

CAR NEWS

Nissan GT-R|日産GT-R
Nissan GT-R NISMO|日産GT-R ニスモ
Nissan GT-R 50th Anniversary|日産GT-R 50th Anniversary
Nissan Fairlady Z 50th Anniversary|日産フェアレディZ 50th Anniversary

GT-R 2020年モデルの発表と同時に

50周年記念のGT-RとフェアレディZを発表

日産自動車は4月17日、同社の情報発信拠点である東京・銀座のNISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)において、「GT-R」の2020年モデルと、生誕50周年を記念した「GT-R 50th Anniversary」、「フェアレディZ 50th Anniversary」を報道陣に公開した。

Text & Photographs by HARA Akira

「速さの質」を追求した2020年モデルのGT-R

究極のドライビングプレジャーのために常に深化するスポーツカー「GT-R」の2020年モデルでは、「速さの質」を追求し、加速やハンドリングにレーシングテクノロジーを投入したという。

匠が1台1台手組みする3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、ニスモ モデルで使用してきた高効率レース用ターボチャージャー「アブレダブルシール」を採用。吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現した。

また、コーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、Rモード専用のアダプティブ シフト コントロール(ASC)のシフトスケジュールをさらにアグレッシブに設定。確かなブレーキの効きを感じるようブースターの特性をチューニングしたという。

このほか職人が一つ一つ手作りで加工した青く輝くチタン製エキゾーストフィニッシャーや新デザインのホイールを採用。ボディカラーは青色の透明ベースに光干渉顔料を追加し、ベイエリアでの日没の余韻を感じさせる新しいボディカラー「ワンガン ブルー」の設定もある。

2019年6月に発売予定で、価格は1,063万1,520円から1,210万5,720円となる。

高性能な「GT-R NISMO」モデルでは、より研ぎ澄まされた性能を実現するため、ターボの改良、カーボンパーツの拡大、カーボンブレーキの採用を実施。新型ターボチャージャーは、2018年のレーシングカーから使用されているものとなり、ニスモ用ではさらにブレードの枚数を11枚から10枚に減らして加給レスポンスを上げるとともに、流体力学のシミュレーションにより形状を変更することで流量の減少を防ぐことに成功したという。

また、車両の重心位置から遠い位置にあるエンジンフードとフェンダー、ルーフをカーボンとすることで、運動性能をアップさせるとともに、合計で10.5kgの軽量化を達成。フェンダー上に接地荷重の減少に対応するエアダクトを設け、250km/h以上での走行時に表面リフトを減少させ、フロントタイヤのダウンフォースを増やす効果がもたらされている。

新開発のカーボンセラミック ブレーキは、直径410mmと世界最大級。1,000度の高温に耐えられるイエローカラーの高剛性キャリパーも新たに採用した。シートは改良型のRECARO製。2019年5月から先行予約が開始され、価格は未発表となっている。