フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW 330i M Sport|BMW 330i Mスポーツ

フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗

言わずと知れた世界のスポーツセダンのベンチマークであるBMW「3シリーズ」。フルモデルチェンジして7代目(G20型)に進化した新型は「プライド オブ 3」を旗印とし、先進的なデザイン、比類なきスポーツ性能、革新的な先進技術という各項目を磨き上げたという。2019年1月に発表、3月9日から販売が開始された日本仕様に試乗し、その出来栄えを確かめた。

Text & Photographs by HARA Akira

まずは330iと320iから

1975年に、「02シリーズ」の後継としてデビューしたBMWのコンパクトセダン「3シリーズ」。扱いやすいサイズのボディに高回転型エンジンを搭載した初代E21型は、スポーツセダンとしての地位を確立。続くE30型は、販売網の整備と日本のバブル期が重なることで国内でも人気モデルとなり、「六本木のカローラ」とまで揶揄されたことをご記憶の方も多いだろう。

E36、E46、E90、F30とモデルチェンジを重ねた3シリーズは、世界で累計1,500万台が販売された。そのうち日本では50万台、全体の3パーセントという数字は意外と少ない気がするが、さにあらず。本国では日本は世界の重要な6大市場の一つとされ、インポーターのBMWジャパンは、新車開発においてコンセプト、仕様、パフォーマンスを決める中でかなりの発言権を持っているという。

「今回の7代目3シリーズの開発は5年前にスタートしました」と説明してくれたのは、BMWブランド マネジメント ディビジョンの御舘康成プロダクトマネージャー。

ビー・エム・ダブリュー 330i Mスポーツ
ビー・エム・ダブリュー 330i Mスポーツ

G20型の開発で具体的に受け入れられた日本市場からの要望は何か。3シリーズはベーシックモデルという位置付けではあるが、日本のユーザーにとっては国産ブランドからの移行も含めて憧れのブランドであるということから、高い品質感とプレミアム性の強化があげられる。さらに、高性能な3シリーズのドライビングパフォーマンスを数多くのユーザーに届けるため、グローバルモデルに存在しない320i用のエンジンを日本専用に開発すること、そして日本は先進安全技術について世界で最も感度が高い国で、世界最高レベルのものを標準装備とする点もあげられるという。

特に安全面については、ドイツ本社のスタッフに日本では軽自動車ですら自動ブレーキが標準で付いていることを紹介すると、彼らは冗談抜きで椅子から転げ落ちるほど驚いた、という秘話を披露してくれた。

まず日本に導入されたのは、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した高出力版「330i」と、日本専用仕様の「320i」。今回320iの実車はまだ届いておらず、現時点で乗ることができる唯一のグレードである330i Mスポーツが試乗車として選ばれた。