POGGY’S FILTER|vol.3 サレヘ・ベンバリーさん

POGGY’S FILTER|vol.3 サレヘ・ベンバリーさん

POGGY’S FILTER

Page. 1

小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY’S FILTER』の第3回目のゲストは、現在、VERSACE(ヴェルサーチェ)のスニーカー部門のヘッドデザイナーを務める、サレヘ・ベンバリー(Salehe Bembury)氏だ。Kanye West(カニエ・ウェスト)率いる「YEEZY(イージー)」でのシューズデザイナーとして経験を積んだ後に、彼がヴェルサーチェにて生み出したスニーカー「Chain Reaction(チェーン リアクション)」はまさに、本連載がテーマに掲げている“ハイファッションとストリートの融合”の象徴とも言える存在だ。昨年12月にリリースされた、POGGY氏がディレクターを務めるUNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)とのコラボレーションによる「Chain Reaction」のエクスクルーシブモデルの発表に合わせて来日した彼との、スニーカー愛溢れる貴重な対談をお届けしよう。

Interview by KOGI “Poggy” MotofumiPhotographs & Text by OMAE Kiwamu

スニーカーデザインにおける新しさと共感のバランス

POGGY まず最初に、スニーカーのデザイナーになろうと思ったきっかけは?

サレヘ・ベンバリー(以下、サレへ) 自分にとってスニーカーは、ヒップホップカルチャーやバスケットボール、それから父親との思い出なんかが入り混じった、ノスタルジックな感情と強く結びついているんだ。だから、スニーカーには感情を揺り起こす何かがあるし、自分にとって生涯を通して愛情を捧げられる存在でもある。そんなスニーカーを自ら作って広めていきたいというのが、デザイナーになったそもそものきっかけですね。

POGGY サレヘの好きなスニーカーデザイナーを教えてください。

サレヘ 現在のスニーカーデザインのブループリント(青写真)を作った張本人、Nike(ナイキ)のデザイナーのTinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)かな。彼は、ほかのデザイナーとは違った視点を持つことで、スニーカー業界のイノベイター(革新者)として様々な試みを成し遂げてきた人。例えば、彼がデザインを手掛けた「Jordan 11」は、それまでドレスシューズでしか使われていなかったようなパテントレザーをスニーカーとして初めて導入したモデル。従来のスニーカーとは全く異なるデザインで、今では「Jordan」シリーズの中でも最も有名なモデルの一つとなっているよね。

POGGY ティンカー・ハットフィールド以外で、他に誰か好きなデザイナーは?

サレヘ 厳密にはスニーカーのデザイナーではないけれど、山本耀司さんも好きなデザイナーの一人ですね。スニーカーのデザインで大事なのはバランス。誰もが驚くような新しさがある一方で、みんなに共感してもらえるような、馴染みのある見た目であることも必要だと思うんだ。その二つを両立することがプロダクトの成功にとって重要なこと。彼がデザインするスニーカーは、常に限界を超えようとしていながら、ちゃんとバランスが取れているところが素晴らしいと思う。

POGGY スニーカーデザイナーの視点で、最も好きなスニーカーのモデルは何でしょう?

サレヘ Dennis Rodman(デニス・ロッドマン)が履いていた、ナイキの「Air Shake Ndestrukt(エア シェイク インデストラクト)」というバスケットボールシューズ。このモデルは、それまでスニーカーの真ん中に位置していたシューレースのパーツが、左右非対称にデザインされていて、アウトソールも非常にアグレッシブなデザインになっているんだ。プロダクトデザインを学ぶために学校に通っていた時に、スニーカーデザインのイノベーション(技術革新)についても勉強したんだけど、このモデルはまさに今までとは全く異なる考え方で作られたものだった。スニーカーというものは商品として売れることが大事である一方で、新しさを生み出さないといけない。「Air Shake Ndestrukt」は、そういうことを考えさせられるモデルなんだ。

POGGY デザイナーとしてナイキで働いていたようだけど、ナイキではどんなことをやっていたの?

サレヘ ナイキの傘下にある、Cole Haan(コール・ハーン)のデザイナーとして働いていたんだ。ナイキの本社があるポートランド近郊のビーバートンにある技術部門で、ナイキの「Air(エア)」や「Lunarlon(ルナロン)」といったテクノロジーを学ぶことが出来た。ナイキには厳格な美学というものがあって、デザインの美しさに秀でている。その一方で、確立されたテクノロジーもあって、その価値を誰もが理解出来るような、優れたスニーカーを数多く生み出してきた。そんなナイキの傘下にある、コール・ハーンのデザイナーとして働けたのは、自分にとって非常に良い経験だったよ。

POGGY 具体的にコール・ハーンでどのようなプロダクトを手掛けましたか?

サレヘ コール・ハーンに入ってすぐの頃に手掛けたのが「Lunargrand(ルナグランド)」。ルナグランドはトラディショナルなウィングチップにナイキのルナロンをアウトソールに用いて、テクノロジーと伝統が融合した非常に革新的な靴だったよ。

POGGY ルナグランドって、サレへがデザインしたの?! 知らなかった。

サレヘ 実はそうなんだよ。それまでドレスシューズというものは硬くて、履き心地も悪くて、滑りやすくもあった。そこに異なる価値観を融合することで、問題点を機能的な部分で解決し、ドレスシューズとしての威厳を保ちながら、素晴らしいプロダクトを作ることが出来た。実際、ルナグランドは業界に大きな影響を与えて、その後、いろんなブランドが似たようなハイブリッドな商品を出しているからね。あのプロジェクトを手掛けたことで、機能性がいかに重要かということを学びましたね。

POGGY その後、LAに移ってカニエ・ウエストのもとで「YEEZY」のデザインに携わるわけですけども、どのような流れで参加することになったの?

サレヘ・ベンバリー

サレヘ コール・ハーンで働いていた時のボスが、ナイキで15年間働いていたスニーカーデザインの達人のような人で。ある時、彼から何のためとは聞かされずに、とにかくいろんなデザイン案を考えるように言われたんだ。実はそれがカニエ・ウェストのブランドのためだったということを後から知らされるわけだけど、自分が出したデザイン案をカニエがすごく気に入ってくれたみたいで、その4ヶ月後に「YEEZY」のメンズのシューズデザイナーのオファーがあり、参加することになったというわけ。同じタイミングで、Celine(セリーヌ)から来たLucette Holland(リュセット・ホランド)がウィメンズのデザイナーに就任して、最初はすごく小規模なデザインチームとしてスタートしたんだ。

POGGY 「YEEZY」では、具体的にどのようなことをやっていましたか?

サレヘ カニエのアイデアを鉛筆代わりになって具体化させることが、「YEEZY」での自分の大きな役割だった。それからデザイン以外にも、マーケットのことも把握していないといけないし、重要な人たちと時間を過ごすことも大事だった。そして何より、秘密を守ることが非常に重要だった。いろいろな役割を求められたけど、自分にとってはハイファッションの世界に入るための良いステップだったと思う。

POGGY 「YEEZY」での仕事の上で思い出深いことは?

サレヘ カニエ・ウェストと働くこと自体が、最も楽しかったことでもあるし、とにかくシュールな経験だったよ。もともと、彼の音楽のファンではあったけど、一緒に働くことで、彼の世界観やデザインのファンにもなったしね。それから、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれた「YEEZY」のシーズン3のショーは、自分にとっても大きな節目となったかな。

POGGY 自分もあの場にいたけど、すごいショーだったね!

サレヘ あんなショーはファッション業界でも初めての試みだったと思う。普段、ニューヨーク・ニックスがプレイしているあの場所で、自分がデザインを手掛けた作品が、巨大なディスプレイに映っているのを観るのも夢のようだったよ!

Page02. ブレイクダンスバトルのような今のスニーカーシーン