視線を捉えて離さない。グラデーションブルーの「GP1966 40MM」登場|GIRARD-PERREGAUX

GIRARD-PERREGAUX|視線を捉えて離さない。グラデーションブルーの「GP1966 40MM」登場

SIHH2019

GIRARD-PERREGAUX|ジラール・ペルゴ

薄型ケースとブルーグラデーションダイアルの組み合わせ。
腕元に洗練を添える「GP1966 40MM」登場

スイスの高級腕時計マニュファクチュール、ジラール・ペルゴの歴史のなかでも最もダイナミックで輝かしい時代に誕生した「GP1966」コレクションに、メゾンの2019年のテーマである“アース・トウ・スカイ(Earth to Sky)”をモチーフとして、移り変わる空の青をグラデーションで表現した「GP1966 40MM」が加わった。

Text by OZAKI Sayaka

フランケ装飾によるグラデーションで移り変わる空の青を表現

ジラール・ペルゴは1791年に創設されたマニュファクチュールウオッチメーカーだ。1966年に、クロノメーターコンクール用時計と特別調整時計の検定と公認歩度証明書の交付を行なうヌーシャテル天文台が、ジラール・ペルゴの精密な時計製造技術の研究に対して天文台100周年を記念したセンテナリー賞を授与。この特別な年に敬意を称して「GP1966」コレクションは誕生した。

「GP1966」は、ラグ、ベゼル、サファイアクリスタル、ケースバックに曲線が施され、緩やかなドーム型のカバーを組み合わせたエレガントなデザインが魅力。そして、このコレクションの新作となる「GP1966 40MM」の特徴は、非常に洗練されたフランケ装飾によるブルーグラデーションダイアルだ。

メゾンの2019年のテーマである“アース・トウ・スカイ(Earth to Sky)”をテーマとして、昼から夜にかけて移り変わる空の青さを、ダイアルの中心から放射状に伸びるブルーのグラデーションで表現。メインプレートとブリッジにはコート・ド・ジュネーブ装飾が施され、リーフ型の針、バトン型の植字インデックスやローマ数字が融合し、グラデーションブルーのダイアルと美しい調和を見せる外観が具現された。

またこの新モデルでは、約46時間のパワーリザーブを備えた自動巻きキャリバーGP03300を極めて薄型のケースに搭載。ジャケット着用時にも快適な着け心地を実現し、デザイン面においても、機能面においても極めてエレガントなモデルとなっている。

GP1966 40MM
GP1966 40MM

GP1966 40MM

Ref.|49555-11-431-BB60
ムーブメント|自動巻き
パワーリザーブ|約46時間
ケース径|40mm
ケース素材|SS
ストラップ素材|レザー
価格|87万円(税別)

問い合わせ先

ソーウインド ジャパン

Tel.03-5211-1791

https://www.girard-perregaux.com/ja