次世代の若者が集結してできたファッションブランド「SIX period.」|SIX period.

SIX period.| 次世代の若者が集結してできたファッションブランド「SIX period.」

FASHION NEWS

SIX period.|シックスピリオド

「ファッションの東大」
文化服装学院の学生達が立ち上げたファッションブランド

文化服装学院の学生達が立ち上げたファッションブランド「SIX period.」が、クラウドファンディングサイトにて展開中だ。“ネオヤンキー”をキーワードに、洗練されたアイテムが取り揃う。今後はポップアップストアなどを展開する予定だという。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

キーワードは“ネオヤンキー”

別名「ファッションの東大」とも呼ばれる文化服装学院。KENZOやヨウジヤマモトを筆頭に世界を代表するデザイナー、モデル、アーティストなどを幅広く輩出している服飾系の名門校だ。

その文化服装学院の学生たちが、アウトロー精神あふれるファッションブランド「SIX period.」(シックスピリオド)を立ち上げた。

学院に在学中の櫻木彩津那氏が主宰し、次世代を担う若者たちが集結。“ネオヤンキー”をキーワードに掲げ、常識にとらわれない若者のパワーにインスピレーションを受けたアイテムがラインナップされている。

SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド

アイテムは、生地、デザイン、機能性すべてを追求したという。特にコートは、独特な光沢感と綺麗なドレープ性が特徴で耐久性も高い生地を採用している。またコレクションの大半はメイド イン ジャパンということも特徴のひとつだ。

モードとストリートの雰囲気を織り交ぜたスタイルは、洗練されたデザインでありながらユニークさを兼ね備えたシルエットを作り上げている。

ルックの制作には、デザインやルックの製作にはモデルの石丸乃晏氏や山崎 優斗氏、フォトグラファーの永井樹里氏のほか、ヘアサロン「トニ-アンドガイ」(TONI&GUY)のヘアスタイリスト小野瑞季氏などが参加。情熱溢れる若者たちが多数起用されている。

SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド
SIX period. 新ブランド

2019年2月13日(水)までクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」にて先行販売中。3月1日(金)から、公式オンラインストアにて展開される。4月には東京都内、6月には大阪にてポップアップストアをオープンする予定だ。将来的には、東京コレクションやアマゾンファッションウィーク、パリコレクションへの参戦を目標にしているという。

エネルギー溢れる若きクリエイターたちの活躍から今後も目が離せない。

石丸乃晏 / Ishimaru Noan (モデル)
2002年6月22日 神奈川県横浜市生まれ
経歴|
2012年10歳 サーフィンを始める
2017年12月 「第11回ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2017」3位入賞
2018年8月 TBSテレビ「炎の体育会TV」 出演
「SURFIN’LIFE」9月号 出演
「GQ JAPAN」特別号「15 th Anniversary Special Edition Millennials Catalogue」 出演
「NYLON JAPAN」2月号 出演
「SIX period. 」HP 出演
次世代としての考え:
人と同じことがあまり好きではないので、自分にしかできない事としてサーフィンをやりながらモデルをしたいです。もちろん機会があればプロサーファーにもなりたいと思っています。私らしく自由に自分の力で色々なことに挑戦していきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/noan_ishimaru/

山崎 優斗 / Yamazaki Yuto (モデル)
1999年5月31日 神奈川県横浜市生まれ
経歴
2017年 みなと総合高校に在学中
同じ高校の学生を集めファッションショーを行う。
2018年 文化服装学院Ⅱ部 服装科 入学
同年 II部ファッションショーでモデルとして活躍。
文化服装学院Ⅱ部ファッションショー「サヨナラ平成」モデル
2018年 SIX period. モデルとして活躍。
次世代としての考え|
今の社会は、検索すればなんでも出てくる時代。確かに便利だし、僕たちの世代はスマホがないと生きられないと思う。今なら、ネット上の情報だけでやろうと思えばほとんどなんだってできる。だけどそんな薄っぺらな情報で作られるものに価値は無いと思う。僕は「思考すること」を大切に生きている。それは、頭だけで考えるんじゃなく、身体や五感すべてを使って考えるのが重要だと思っていて、特に服なんてのは人が着る物なんだから、だから僕はそう行った思考の伴った物を作りたいし、そういう人と活動していきたい。
【Instagram】https://www.instagram.com/ytymzk00/

永井 樹里 / Nagai Juri (フォトグラファー)
1996年10月22日 鹿児島県生まれ
経歴
2015年 鹿児島県立松陽高等学校 美術科 卒業
2015年 長岡造形大学 造形学部 視覚デザイン学科 入学
展示 2015 グループ展 「まる展」 (六大学合同写真展)(タマビ・ファイナル・プレゼン『影遊び』最優秀者) 2016 グループ展 「君と、私のまち展」(東京・東海・関西の3地域での開催) 2016 個展 「花紡展」長岡ベース (長岡) 2016 グループ展 「まる展」 (六大学合同写真展)(2017 ソニーイメージングギャラリー 銀座 展示) 2017 個展 「まると赤い展」 HACHITEN (長岡) 2017 グループ展 「Tsunagari」 Design Festa Garally (原宿) 2017 グループ展 「まる展」 (六大学合同写真展) 2018 グループ展 「FA_N ZINE FUKUOKA EXHIBITION」 FUK301 (福岡) 2018 グループ展 「Today’s ART」 福岡アジア美術館 (福岡) プロジェクト 2015 Message of Peace NAGAOKA × HONOLULU (ムービー撮影) 2016 工場の祭典 〜奏でる工場〜(ムービー撮影) 2017 CM 街中お化け屋敷 〜サリーの解体新書〜 (長岡市)(企画演出、スチール撮影、ムービー撮影、編集、設営) 2018 Amazon Fashion Week TOKYO (スチール撮影) 2018 雑誌「月刊 美容の経営プラン」 『小さな失敗の経験をさせて成長へ導くサロン』(スチール撮影) 2018 映画「君が君で君だ」 松居大悟 監督 7月7日 新宿バルト9ほか 七夕全国公開 (音声編集補助) 2018 高文連写真部 (長岡造形大学パンフレット作品掲載) 2018 雑誌「n-assh」 (今年度の表紙撮影)(スチール撮影)
2018 SIX period. (スチール撮影、ムービー撮影)
次世代としての考え|
撮影することに対して私の個人の考えですが、私は流れていく空間をひとつひとつ、すくい取っていくように撮影しています。愛を込めるということを忘れず、人や物関係なく、被写体とコミュニケーションを取りながら撮影することを常に意識しています。
【Instagram】https://www.instagram.com/juri.nagai/

斎藤 大樹 / Saito Taiki (フォトグラファー)
1998年12月29日宮城県仙台市生まれ
経歴
2014年 東北学院高等学校 入学 2015年 飛鳥未来高等学校 転入学
同年 平成27年 美容室にアシスタントとして入社
2018年 文化服装学院II部 ファッション流通科 入学
同年 II部ファッションショーでプレスとして活躍。
文化服装学院Ⅱ部ファッションショー「サヨナラ、平成」撮影
2018年 SIX period. フォトグラファーとして活躍。

次世代としての考え|
私は口下手な為、思っている感情や、見えている世界を言葉で上手く表現する事ができなかったためカメラといった機械を通して表現しようと、2年前に家の押し入れに眠っていたカメラを触り始める。僕はフィルムカメラをよく使っています。フィルムカメラで撮った写真ってデジタルカメラとは違ってすぐに確認する事が出来ない。だからこそ、脳裏に焼き付いた記憶が蘇るかのように現像されるフィルム写真に良い記憶を刻めるように意識している。
モデルさんが緊張せず自然でいられるように距離感や掛け合いも大事にするし、それをプロデュースする人の想いも背負ってカメラという機械で記憶を写しているものだと思っています!
【Instagram】https://www.instagram.com/taiki.3110/

小野瑞季 / Ono Mizuki (ヘアメイク)
1996年 7月21日 広島県生まれ
経歴
2015年 広島県立福山明王台高等学校 卒業
2017年 上野学園 広島美容専門学校 美容科 卒業
2017年 株式会社TONI&GUY JAPAN 入社
アシスタントとして積極的に多くの雑誌撮影やショーに参加する。傍らプライベートでも多くのクリエイティブな作品を制作し、ヘアーだけでなくメイクも担当をする。
2018年 SIX period. ヘアメイクとして活躍。
次世代としての考え|
興味のあることや経験のないことにたくさん挑戦して自分の世界を広げたい。じぶんの感性やセンス、表現力をもっともっと高めて世界でも通用するアーティストになりたい。人との縁を大切にし、今ある環境に感謝を忘れずに、大切な人たちに恩返しできるようなアーティストになりたい。
【Instagram】https://www.instagram.com/mzk_ts/

櫻木 彩津那 / Sakuragi Azuna (デザイナー)
1997年11月11日 福島県南会津町生まれ
経歴
2016年 福島県立田島高等学校 卒業
2016年 東京美容専門学校 入学
2018年 東京美容専門学校 卒業
2018年 文化服装学院 入学・在籍中
(2011年~2013年)福島県南会津町を拠点とした劇団「息吹」に所属。
現代版組踊シリーズからなる江戸時代、幕末を舞台とした小学生から高校生を中心とした劇団グループ。観客動員数1万人超。全国各地での公演、イベントに参加・福島県の元気発信をし、公演内では「徳川 吉宗」の役を演じた。
(2013年~2016年)福島県南会津郡下郷町、会津地方にあるよさこいチーム「郷人」に所属。
地元会津の「白虎隊」の精神を郷土芸能として伝承する事を目指し、全国各地での元気発信、各YOSAKOI大会での受賞経験をし、チーム育成・各隊のチーム構成・企画・運営をした。
(2015年)国際交流基金-KAKEHASHIプロジェクト
日本に対する潜在的な関心日本的な価値やクールジャパンといった我が国の強みや魅力を海外を通して発信するプロジェクト。
全米各地を訪問し、米国での交流事業やホームステイ,海外留学を経験。「郷人」YOSAKOI日本代表として海外での公演・演武を各地で披露した。
2018年 合同会社One For All, All in Businessを立ち上げ2019年 ファッションブランド「SIX period.」を立ち上げた。

次世代としての考え|
今の世の中の若者は何か一歩踏み出すのを怖がり目先の恐怖に囚われている。まずは行動しなければならない。一人一人こんなに良いものを持っているのにそれを生かさないで理想ばかり語る。ワクワクする事の先に自分が成し得たい本当の未来が待っていると僕は思います。
【Instagram】https://www.instagram.com/azuna_vivid/

SIX period
クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/88427

問い合わせ先

SIX period.

https://www.oneforall.company/