VWグループが描く自動運転社会へのシナリオ|Volkswagen

VWグループが描く自動運転社会へのシナリオ|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen|フォルクスワーゲン

開発責任者のヘルゲ・ノイナー博士に聞く

VWグループが描く自動運転社会へのシナリオ

1月15日のデトロイトモータショーで、米フォードモーターとグローバル規模の戦略的提携を結ぶと発表した独フォルクスワーゲングループ。商用車部門で共同開発を行なった後、EVや自動運転、モビリティサービスなどの分野で協業していく予定だという。そんなフォルクスワーゲングループで自動運転部門の責任者として開発を担当するヘルゲ・ノイナー博士が、オートモーティブワールドで基調講演を行うため来日しており、絶好のタイミングで同グループが考える自動運転実現のための課題と現況について話を聞くことができた。

Text & Photographs by HARA Akira

5段階に分けられる自動運転

まず現在の自動運転のレベルは、米国の非営利団体SAEが策定した6段階に分けられており、その概要は以下の通りとなっている。

レベル0(自動化なし):ドライバーがすべての操作を行う。

レベル1(運転支援):システムがハンドル操作か加減速のいずれかを支援する。自動ブレーキやACC(アダプティブ クルーズ コントロール)がこの分類となる。

レベル2(部分自動運転):システムがハンドル操作と加減速の両方を支援する。高速道路の渋滞時などで前車に追従走行するフォルクスワーゲンの「トラフィックジャム アシスト」などがこれ。ドライバーは常に周囲を監視する必要がある。

フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン

レベル3(条件付き自動運転):限られた状況下ですべての操作をシステムが行う。緊急時はドライバーが操作を行う必要がある。一般的に自動運転と呼ばれるものはこのレベルからで、アウディ「A8」が「AIトラフィックジャムパイロット」で初の市販化。

レベル4(高度な自動運転):高速道路など、特定の場所においてシステムが交通状況を把握し、運転や緊急時の対応すべてをこなす。

レベル5(完全自動運転):場所や状況によらず、システムが運転に関わるすべての操作をするドライバーレスの自動運転。フォルクスワーゲンが先に発表したコンセプトカー「セドリック」はこれに属する。

今回ノイナー博士が説明してくれたのは、上記のレベル2からレベル3へ移行する際の技術的課題や、レベル3とその応用型の「ガーディアン エンジェル」という考え方、レベル5へのシナリオなどだ。