デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュー|Toyota

デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュー|Toyota

CAR NEWS

Toyota Supra|トヨタ スープラ

「Supra is Back」

デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュー

トヨタ自動車は米東部時間の1月14日、ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、2ドアスポーツクーペの新型「スープラ」を世界初披露した。

Text by HARA Akira

直6、FRを継承

5代目となる新型「スープラ」は、2002年に生産が終了した先代から17年ぶりの復活となる。1978年に誕生した初代スープラ以来、どの世代も直列6気筒エンジンを搭載したFRモデルであったことは共通しており、新型でもこの2つを継承。さらに「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターととらえ、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したという。

また、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」の初のグローバルモデルという位置づけになるとともに、クーペとオープンモデルというボディ形状の違いこそあれ、独BMWの新型「Z4」と共同開発されたモデルでもある。

新型のボディサイズは、全長4,380×全幅1,865×全高1,290mm(RZは1,295mm)。ホイールベースは、2シーターに割り切ることで「86」よりも100mm短い2,470mmとし、重心高も86より低い位置に設定した。ホイールベースとトレッド(前1,594mm/後1,589mm)の比率は1.55と小さく、他の量産スポーツカーと比べてもトップレベル。50:50の前後重量バランスと合わせて優れたコーナリング性能を発揮するとともに、86の2.5倍、レクサス「LFA」をも上回る高剛性ボディがこれを支えることになる。

デザインのコンセプトは「Condensed(凝縮された)Extreme(過激な)L6FR “ TOYOTA”Sport」。その言葉通り、エクステリアは直6FRモデルらしいロングノーズ ショートデッキのシルエットで、トヨタスポーツカーの伝統を引き継ぐダブルバブルルーフ(2000GT)や、ランプを車両内側に寄せてフェンダーのボリューム感を出し、凝縮したボディデザインとする手法(2000GT、4代目スープラ)を採用。

2シーターらしいタイトなキャビンのインテリアは、上下に薄いインパネと、高く幅の広いコンソールによる典型的なFRスポーツカーらしい空間で、シフトバイワイヤ方式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレーが最新世代のスポーツカーであることを物語っている。