至高のスーパースポーツ マクラーレンP1はこうして生まれた|McLaren

至高のスーパースポーツ マクラーレンP1はこうして生まれた|McLaren

CAR NEWS

McLaren P1|マクラーレン P1

至高のスーパースポーツ

マクラーレン P1はこうして生まれた

MP4-12Cを生み出し、スポーツカーブランドとしてあらたなる第一歩を踏み出したマクラーレンの、フラッグシップモデルとして登場した「P1」。ジュネーブショーでワールドプレミアを飾った至高のロードレーサーを生み出した男たちに、大谷達也氏がインタビューをおこなった。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs from Geneva by MOCHIZUKI Hirohiko

なぜP1という名前に?

マクラーレンといえば、よくいえば几帳面で真面目、悪くいうと杓子定規で融通が利かない集団のようにおもえるが、フラッグシップモデル“P1”の発表に際して取材したプログラムディレクターのポール・マッケンジー、それにデザインディレクターを務めるフランク・ステファンソンのふたりは明るく豪快で、よく笑う。とにかく、同社のイメージを覆してくれるようなキャラクターの持ち主なのだ。

たとえば、マッケンジーにP1の名前の由来を聞くと、こんな答えが返ってくるという調子である──

「とにかく短い名前を探していた。マクラーレンが昔つくったF1ロードカーみたいに、簡単な名前を探していたんだよ。その点、P1は素晴らしい。もともとこれはレースでいうポジション1、つまり1番=優勝という意味なんだ。それと、かつてのF1ロードカーも開発中の社内コードはP1だった。だから、F1との関係もこれで表現できる。まあ、とにかく短い名前がいいとおもってね。P1は本当にいいよ。ガハハハハハハ……」

ひょっとすると、MP4-12Cにたいしてモデル名が長すぎるという声があったのだろうか?

「たしかに、MP4-12Cを長いという人もいるらしい。だからP1では短くしたんだけれども、P1はフラッグシップだから短くしたんで、今後の車名をすべて短くする必要はないと考えている。もっとも、MP4/12Cスパイダーはちょっと長すぎるから、我々は12Cスパイダーって呼んでるけどね。ガハハハハハハ……」

とまあ、万事がこの調子なのである。

McLaren F1|マクラーレン F1

McLaren F1|マクラーレン F1

McLaren MP4-12C Spider|マクラーレン MP4-12C スパイダー

McLaren MP4-12C Spider|マクラーレン MP4-12C スパイダー

すべてにおいてP1はベストを目指した

P1のプロトタイプを公開した昨年のパリサロンで、マクラーレンはP1について「公道においてもサーキットにおいてもベストなドライバーズカー」と説明した。もっとも、“ベストなドライバーズカー”では表現がややあいまいなので、マッケンジーにもう少し具体的に説明してもらうことにした。

「パフォーマンス、ドライバビリティ、コンフォート、全部だよ。そのすべてにおいてP1はベストを目指したんだ。もっとも、公道には公道用の、サーキットにはサーキット用のサスペンションが必要になる。そこで、我々は公道用にもサーキット用にもアジャストできるサスペンションを開発したんだ」

これがレースアクティブ シャシー コントロール(RCC)と呼ばれるもので、これはスイッチひとつでスプリングレート、ダンピングレート、車高をノーマル、スポーツ、トラック、レースの4段階に切り替えるシステム。といっても、エアサスペンションを用いるのではなく、通常のコイルスプリングとダンパーを基本としているところが目新しい。

このうち、ダンパーはMP4-12Cに搭載されたプロアクティブ シャシー コントロール(PCC)に近いもので、ダンピングレートの調整方法は基本的におなじ。

McLaren P1|マクラーレン P1

いっぽう、スプリングにはプログレッシブレートを用いることで、車高の調整がそのままスプリングレートの調整に結びつくようになっている。これにより、レースモードではスプリングレートがノーマルモードの300パーセント増しとなり、公道でもサーキットでも最高のパフォーマンスを発揮するという。