アストンマーティン ヴァンキッシュ&DB9に試乗|Aston Martin

アストンマーティン ヴァンキッシュ&DB9に試乗|Aston Martin

CAR

Aston Martin Vanquish & DB9|アストンマーティン ヴァンキッシュ & DB9

100周年をつげる2台のアストンマーティンに試乗

アストンマーティン100周年をつげる、あらたなるフラッグシップとして、「DBS V12」にかわって登場した「ヴァンキッシュ」。そして、パリモーターショーにて新型に生まれ変わった、アストンマーティンの中核「DB9」。イギリス伝統のクラフツマンシップあふれる2台の美しいGTスポーツを、OPENERSは今尾直樹氏とともにテストした。

Text by IMAO Naoki
Photographs by ABE Masaya

なんたる野蛮!

センターコンソールのエンジン始動スロットに、長方形のキイを決然と押し込む。スターターモーターがキュルキュルッとまわる。ヴァオッ! 雷鳴のごときうなり。573psの6リッターV12、AM11ユニットが目覚めたのだ。

野獣の咆哮。ガソリンの爆裂音に、言葉にならぬ声を内心あげる。大砲の音にも似ている。身体の芯が揺さぶれる、一瞬の振動つきだ。

ステアリングコラムのパドルを引いてギアをローに入れ、軽くアクセルを踏み込む。ありあまる大トルクを後輪が持て余し、瞬時空転する。タイヤが冷えきっていたとはいえ、なんたる野蛮!

Aston Martin Vanquish|アストンマーティン ヴァンキッシュ

ニュー・ヴァンキッシュは、昨年6月、『007』の新作映画の公開に合わせて発表されたアストンマーティンのあたらしいフラッグシップである。

DBSの後継だけれど、メイン車種であるDB9とのちがいを強調するためもあってだろう、新生アストンの象徴的存在として2000年に発表され、2007年まで生産されたヴァンキッシュの名称が与えられた。ヴァンキッシュ(vanquish)とは、「征服する」という意味の英語動詞である。

いっぽう、同時に上陸したばかりの新型DB9も一緒に連れ出した。昨年9月のパリサロンでデビューしたアストンの最新作である。

ヴァンキッシュとDB9の豪華競演!

かたやおよそ3,000万円、こなたおよそ2,000万円のグランドツーリングカーである。基本的な骨格はおなじだ。ともにVH(ヴァーティカル・ホリゾンタル)プラットフォームと呼ばれる基本骨格を持ち、フロントミドに6リッターV12を搭載するトランスアクスルの後輪駆動である。