ジャガーFペイスの2019年モデル、受注開始|Jaguar

ジャガーFペイスの2019年モデル、受注開始|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar F-Pace|ジャガー Fペイス

Fペイスの2019年モデル受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはジャガーのSUV「Fペイス」2019年モデルの受注を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

Fペイス史上もっとも速く、もっともパワフルなSVRを導入

受注が開始された「Fペイス」の2019年モデルにおける大きなトピックスは二つ。一つ目はついにスペシャル ビークル オペレーションズ(SVO)が設計、開発を手掛けるハイパフォーマンスグレード「SVR」が導入されること。そして、全グレードにスマートフォンと連動するコネクティビティ機能「リモートプレミアム」や「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」などが標準装備されることだ。

ハイパフォーマンスモデル「SVR」は、SVOによりチューニングされ、最高出力405kW(550ps)、最大トルク680Nmを発生する5.0リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載。最高速度は283km/h、0-100km/h加速は4.3秒を記録し、“Fペイス史上もっとも速く、もっともパワフルなモデル”となる。

ジャガー Fペイス
ジャガー Fペイス

また、トラクションとドライビングダイナミクスを最適化するリア エレクトロニック アクティブ ディファレンシャル(EAD)をFペイスとして初搭載。「SVR」専用にトランスミッションを最適化したほか、エアロダイナミクスや冷却性能、高速走行安全性に寄与するという専用パーツも数多く装備された。

このほかにインテリアでは、従来オプション装備であったスエード クロス ヘッドライニングを全グレードに標準装備するなどのアップグレードも行われる。

エンジンは、2種類の2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンに加え、3.0リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジン、2.0リッター直列4気筒ディーゼル、そして「SVR」に採用される5.0リッターV8スーパーチャージドエンジンの5種類をラインナップ。

ボディカラーはフジ ホワイトやコリス グレー、SVR専用カラーとなるウルトラ ブルーなど全12色を展開。価格は、2.0リッターガソリンエンジンの「ピュア」の664万円から「SVR」の1,272万円となる。

問い合わせ先

ジャガーコール

0120-050-689(9:00-18:00、土日祝を除く)