vol.35「一年中、ショーツ」PRADA|プラダ

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.35

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

新年あけましておめでとうございます。本年も『ザ★ベスト7』をどうぞよろしくお願いします。お正月にはよくカルタをして遊んだものですが、前のめりでつい「お手つき」をしちゃう人って必ずいたものです。今回は年初から装いの愉しみを大いに盛り上げる「お手つき」アイテムにフォーカスします。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

PRADA|プラダ

PRADA|プラダ
PRADA|プラダ

祐真「プラダからピックアップしたのは、素材違いで全く異なる表情をみせるマイクロミニ丈のショーツです。共布でバックルをくるんだベルトが付属するデザインは、子どもの頃に穿いていた半ズボンを思い出して、ちょっぴり懐かしい気分になりますね。

ブリーチデニムのショーツは、右の後ろ脇にブランドロゴを抜染、右のヒップポケット部分にトライアングルロゴを剥がした跡付きという凝った仕上げが目を引きます。ブラウンの梳毛ウールのショーツは、かっちりとしたセンタークリース入り。ポケットもスラックス仕様でシックな雰囲気が漂います。

ただ、誰もがこの短めの丈をさりげなく穿き着こなせるかというと、なかなか難しいものがあるかもしれません。ホーズ(紳士用のハイソックス)をあわせて、ノスタルジックな少年の気持ちで穿きこなすといった感じでしょうか。スラックスタイプのショーツのほうは僕は本気で欲しいと思っているので、ちょっとトライしたいと思います」

ショーツ(デニム)9万9000円、ショーツ(ウール)12万9000円(参考色)*共に予定価格(プラダ/プラダ クライアントサービス 0120-45-1913)

PRADA|プラダ
PRADA|プラダ
PRADA|プラダ
問い合わせ先

プラダ/プラダ クライアントサービス

0120-45-1913

www.prada.com

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]