アウディとイタリアンブランド|Audi

アウディとイタリアンブランド|Audi

CAR FEATURES

Audi|アウディ

アウディとイタリアンデザイン

アウディの年次記者会見前夜、多くのジャーナリストを招いて盛大におこなわれたレセプションに小川フミオ氏が出席。ランボルギーニ、イタルデザイン ジウジアーロ、ドゥカティなど、イタリアの名だたるブランドを傘下におさめたアウディグループを取材した。

Text by OGAWA Fumio

自然にイタリアブランドが集った

ランボルギーニ、イタルデザイン、ドゥカティ。どれも一流のブランドだが、いまやアウディの傘下で活躍している。

2013年にドイツ インゴルシュタットのアウディ本社で開かれた記者会見で、アウディのルーパート・シュタートラー取締役会会長は、スーパースポーツカーのランボルギーニ、数かずの斬新なデザインを生み出してきたイタルデザイン、そして高性能バイクをつくるドゥカティの3社を傘下に収めることを発表した。

Lamborghini Veneno|ランボルギーニ ヴェネーノ

Lamborghini Veneno|ランボルギーニ ヴェネーノ

Ducati 1199 Panigale R|ドゥカティ 1199 パニガーレ R

Ducati 1199 Panigale R|ドゥカティ 1199 パニガーレ R

SUVコンセプト「ウルス」が話題をよんでいるランボルギーニは、くわえて2013年3月にスイス ジュネーブで開催された国際自動車ショーで、300万ユーロ(約3億6,300万円)で3台しか限定生産されない「ヴェネーノ」を発表したばかり。

「なぜ、アウディの下にすべてイタリアのブランドを統括することになったのか、というと、自然にこうなったというしかないです」

シュタートラー会長は、単独インタビューの席で語ってくれたのだった。