アウディがEVのGTモデル「e-tron GTコンセプト」を発表|Audi

アウディがEVのGTモデル「e-tron GTコンセプト」を発表|Audi

CAR NEWS

Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプト

アウディ、EVの4ドアGT「e-tron GTコンセプト」を発表

アウディは米国で開催中の「ロサンゼルス モーターショー 2018」で、電気自動車の4ドアグランツーリスモ「アウディ e-tron GTコンセプト」を世界初公開した。このコンセプトカーの量産化は、アウディのハイパフォーマンスモデルを開発する子会社、アウディスポーツGmbHが担当し、約2年後に登場する予定だという。

Text by HARA Akira

フラット&ワイドで長いホイールベースを持つ典型的なGTボディ

今回発表された「e-tron GTコンセプト」は、すでに生産が開始されているアウディ「e-tron」、2019年に登場予定のアウディ「e-tron スポーツバック」に続くe-tronファミリーの3番目のモデルとなる。4ドア4シータークーペのボディは全長4.96×全幅1.96×全高1.38メートルで、フラット&ワイドかつ2.9メートルの長いホイールベースをもつ、グランツーリスモらしい姿となっている。

カーボン製のルーフと数多くのアルミニウム製コンポーネント、高強度綱からなるマルチマテリアル構造のボディは、同じフォルクスワーゲン グループであるポルシェとの共同開発。一方、流れるようなルーフラインを持つスポーツバックスタイルのデザインは、省燃費に貢献しており、アウディのDNAを引き継ぐものだと説明されている。

Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプト
Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプト

5本ツインスポークの前後22インチ ホイールの間には、外側に大きく張り出したサイドシル部があり、これはe-tron GTコンセプトのエネルギー源であるバッテリーが、この位置に搭載されていることを暗示しているという。また、既存モデルよりアグレッシブな印象となるフロントセクションの矢印形状は、レーザーハイビームとアニメーション機能を組み込んだLEDヘッドライトの存在を示し、水平基調のシングルフレームグリルは、このクルマがアウディスポーツGmbHの未来のモデルであることをアピールしている。ボディカラーはチタニウムに似たキネティックダストと呼ばれるダークカラーを採用した。

インテリアは、各機能や操作系がドライバーを取り囲むよう人間工学的に最適化された、水平基調の最新デジタルコックピットとなっている。インストルメントパネルのディスプレイと、センターコンソール上部のタッチスクリーンはブラックパネル調で仕上げられ、ドライバーの好みでバーチャルアナログ表示や航続距離とナビのマップ、インフォテインメント機能などさまざまなレイアウトに変更が可能で、その操作は感覚フィードバックを備えたタッチスクリーンで操作できるという。

Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプト
Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプト

内部に使用する素材に、動物由来のものは一切使用せず、すべて植物由来としたのも特徴だ。具体的にはシート地やトリム地には合成皮革、シートクッション、アームレスト、センターコンソールはリサイクル繊維からなるファブリック、ヘッドライニングのトリムはマイクロファイバー素材、カーペットは使用済み漁網で作られた再生ナイロン、といった具合だ。電気自動車の利点として2つのラゲッジを持ち、リアコンパートメントは450リッター、ボンネット下には100リッターの収納スペースを備えている。