vol.33「冬のカジュアルブーツ」GUCCI|グッチ

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.33

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

スニーカー流行りとはいえ、冬のスタイリングには存在感のあるブーツが欲しくなるもの。ビッグシルエットのトップスやワイドなボトムスにも相性のいいカジュアルなブーツを大魔王が厳選チョイス!

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA Satoko

GUCCI|グッチ

GUCCI
GUCCI

祐真「コンバットタイプのブーツはふだん履かないのですが、80年代のSKINSの雰囲気が漂う今シーズンのグッチのレザーブーツは、シルエットやディテールがよくできているなと密かに注目しています。

ボディは上質なレザーで、ソールはタフなラバーラグソール。内側のファスナーで脱ぎ履きするタイプなのでシルエットは細身というのもいい感じです。サイドにはアイコンモチーフのグリーン・レッド・グリーンのウェブがあしらわれ、レッドとホワイトのシューレースが付属しているのでコーディネートに合わせて付替えも可能というのもうれしいポイントです。

ルックではパンツをブーツインし、長めのシューレースをトップでぐるりと一巻きしたSKINS風の結び方が印象的でした。高校生の頃に流行ってよく履いていた『パラディウム』をちょっと思い出しました」

14万9000円(グッチ/グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921)

GUCCI
GUCCI
GUCCI
問い合わせ先

グッチ/グッチ ジャパン カスタマーサービス

0120-88-1921

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]