ランボルギーニのSUV「ウルス」にレース仕様のコンセプトモデル|Lamborghini

ランボルギーニのSUV「ウルス」にレース仕様のコンセプトモデル|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini Urus ST-X Concept|ランボルギーニ ウルス ST-Xコンセプト

ランボルギーニが「ウルス」のレース仕様ST-Xを発表

ランボルギーニは同社初のスーパーSUV「ウルス」のレース仕様モデル「ウルス ST-Xコンセプト」を、2018年スーパートロフェオ ワールドファイナルで発表した。

Text by HARA Akira

22020年開催のワンメイク チャンピオンシップのために構想

ランボルギーニ「ウルス ST-Xコンセプト」は、同社のモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが制作を担当。サーキットとオフロードを組み合わせた新しいワンメイクチャンピオンシップのために構想されたもので、市販モデルよりさらに最適化が図られたほか、スチール製ロールゲージ、消火器、FT3規格の燃料タンクなど、FIA公認の安全装備を備えている。

搭載するV8ツインターボエンジンは最高出力650ps、最大トルク850Nmを発生。エクステリアは、それを効率的に冷却する大型エアインテーク、カーボンファイバーむき出しのフード、リアウイング、新しい六角形のデザインで横に並んだレース仕様のエキゾースト、ピレリタイヤを装着したセンターロック式21インチアルミ合金ホイールなどが特徴で、Verde Mantisと名付けられたマットグリーンに塗られている。専用のレース用部品を使用することで、ボディは市販モデルより25パーセントの軽量化を果たした。

新しいチャンピオンシップは、2020年に欧州と中東で特別に用意するFIA公認サーキットで初開催を予定しており、レースウィークエンドの間は、ドライバーのために設計され、クルマと技術サポートすべてを提供する「アライブ&ドライブ」方式での参加も用意する。ST-Xのサーキットデビューは、その前に開催される2019年のランボルギーニ ワールドファイナルを予定しているという。