レンジローバー イヴォークがフルモデルチェンジ|Land Rover

レンジローバー イヴォークがフルモデルチェンジ|Land Rover

CAR NEWS

LAND ROVER Range Rover Evoque|ランドローバー レンジローバー イヴォーク

「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ

ランドローバーは11月26日、英ロンドンのイーストエンドで、フルモデルチェンジした新型コンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」を世界初披露した。

Text by HARA Akira

ランドローバー初のマイルドハイブリッド搭載

2010年に発表された初代「イヴォーク」は、ラグジュアリーコンパクトSUV市場のパイオニアとして、これまで世界で772,096台以上が販売され、217以上の国際的な賞を獲得したモデルだ。2代目となる新型は、特徴的なクーペスタイルをより洗練させたほか、サステナビリティを意識した新素材やカメラを使用した視覚に関する新装備、ディーゼル、ガソリン、マイルドハイブリットなどの多彩なパワートレーンを採用した、都市からオフロードまで対応するラグジュアリーSUVになったという。

独特の傾斜したルーフラインとリアに向かって上昇するウエストラインを持つ新型のボディは、全長4,371×全幅1,996×全高1,649mm。より薄型となったヘッドランプとリアランプ、格納式ドアハンドル、明確なショルダーラインと力強いホイールアーチ、21インチホイールなどが目を引く。

インテリアは、素材として従来のレザーのほか、サステナブルなユーカリ、ウール、再生プラスチックから生まれた新素材などをオプション設定。デザインはすっきりとしたサーフェスやシンプルなラインを組み合わせたもので、そこに高速化した最新ソフトウェアを搭載したデュアルタッチスクリーン インフォテインメント システム「Touch Pro Duo」を組み合わせた。

車両前方に設置したカメラでフロント下180度の視覚を確保する世界初の「クリアサイト グラウンドビュー」や、車体後方のカメラで撮影した映像をルームミラーに映し出す「クリアサイト リアビュー ミラー」などの先進機能を装備。室内空間では、2,681mmに延長したホイールベースにより、リアシートのスペースは20mm拡大した。また、ラゲッジスペースは10パーセント増の591リッターとなり、2:1:2の分割可倒式リアシートを倒すと総容量は1,383リッターまで拡大する。