いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢|HUAWEI

HUAWEI|いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢

DESIGN DIGITAL

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパン

バッテリー持ちを気にしすぎるより
「サブ機」を持つという賢い選択

私たちの生活に欠かせないスマートフォンは、約10年の歴史のなかで驚くべき速度で高性能化・多機能化し続けてきた。プロ用カメラ顔負けの美しい写真や4Kビデオ撮影、ゲーム機に匹敵する高品質グラフィックでのAR、車載器を必要としない精度のカーナビゲーション、一度の人生ではとても鑑賞できないほどの映画を備えた動画サービスなど、ひと昔では信じられないほどのメリットを私たちは享受するようになっている。

しかし、そうしたスマートフォンの進化の一方で、いまだ解決されないどころか、さらに私たちを悩ませているのが“バッテリー問題”である。かつての携帯電話、いわゆる「ガラケー」が一度の充電で数日は使用できたことなど、もはや記憶の彼方。いまやスマートフォンを毎日どころか1日に何度も充電するという読者も少なくないことだろう。

そうした“バッテリー問題”への対処として、いわゆる「モバイルバッテリー」を持つというソリューションが一般的である。しかし、それが当たり前のようになってはいるが、よく考えてみると、給電以外に何の機能もないガジェットを持ち歩くというのは果たしてスマートだろうか?

そんな疑問を抱き始めているユーザー層を中心に、近年ますます高まってきているのが、スマートフォン2台持ち、つまり「サブ機」への注目である。

Photographs by FUKUOKA HidetoshiText by TERUNUMA KentaDirection by MOROOKA Yusuke

あなたのスマホライフを変える「サブ機」選びに欠かせない条件

スマートフォンのサブ機とはいっても単純に2台持てばいいというわけでもない。下手なチョイスをすれば、ただ持ち物が増えてしまったり、むやみにコストが跳ね上がってしまったりするリスクがある。ではサブ機に必要な条件とは何だろうか? 2台目のスマホに求められているニーズを整理してみた。

① 手頃な値段
スマートフォン2台持ちで気になるのは、まず価格だろう。スマートフォンの電池切れの心配がなくなっても、高価格帯のスマホでは運用コストが高まってしまう。これではスマートとは言えない。値段が手頃であること。やはりこれはサブ機の必須条件だ。

② コンパクトかつスリムなボディ
そしてスマートフォンを2台持つということは、持ち物が増えるということでもある。軽快なフットワークのためには持ち物は軽いほうがいい。

できれば無骨なモバイルバッテリーを代替できるような大容量バッテリー搭載で、ポケットにサッと入れておけるコンパクトでスリムなボディが理想的だ。流行の大画面スマホをメイン機として使うならなおさらだろう。

③ 必要十分な機能
今の時代、サブ機といえども処理速度やカメラなどの性能面も外せない。サブ機といえども使っていてストレスがたまってはしょうがないし、電話やメールだけできればよかった時代はもはや昔なのだ。だから、手ごろな値段でも高機能な端末を手に入れたい。

そこで今回注目したいスマートフォンが高性能カメラで話題を呼んでいる「HUAWEI P20 lite」だ。メイン機としても満足に使えるスマートフォンだが、手ごろな価格ながらその高機能さで、驚異のコストパフォーマンスを誇り、サブ機を購入する際に第一の選択肢としてあげることができる。

HUAWEI|ファーウェイ
HUAWEI|ファーウェイ

① 3万円台というリーズナブルな価格
まず市場想定売価が31,900円と3万円台。近年10万円超えのスマホも珍しくない中、極めてリーズナブルなモデルと言えるだろう。

② 高級感のあるコンパクトでスリムなボディ
デザインを見ても、けしてチープさを感じさせない高級感のある2.5Dガラスで手に馴染む美しいフォルムだ。さらに薄さ約7.4 mmにして重さ約145 gというコンパクトなスリムなボディ。これは大型化する傾向にあるスマートフォン市場において軽量コンパクトな部類ながら、約5.84インチのフルHD+ディスプレイを搭載しているのが嬉しいところ。

③ メイン機としても使える高性能
「HUAWEI P20 lite」の最大の特徴は、手頃な値段と高級感のあるボディを持ちながらも、高機能を実現させている点にある。高精細フルHD+ディスプレイに大容量バッテリー、高速処理、そして付属のACアダプタを使えば急速充電もできる。もはやサブ機というよりも、日常的にシームレスにメイン機と違和感なく並行して使える「バックアップ機」としても使えるスペックだ。


Page02. 「高性能サブ機」が実現する、快適なスマートフォンライフとは?