レクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジ|Lexus

レクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジ|Lexus

CAR NEWS

Lexus RC|レクサスRC

レクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2ドアスポーツクーペのレクサス「RC」をマイナーチェンジし発売した。

Text by HARA Akira

フラッグシップクーペLCを彷彿させるデザインに

今回マイナーチェンジした「RC」は、フラッグシップクーペ「LC」のデザインや走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目的に開発。エレガントなエクステリアデザインと高い質感のインテリア、空力性能の向上、タイヤ、サスペンションの改良、エンジン特性やステアリングフィールの作り込みを実施したという。

エクステリアでは、ヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの形状や、上下で開口比率が徐々に変化するメッシュパターンのスピンドルグリルを採用。ヘッドライトには縦方向に配置した超小型三眼LEDランプユニットを配置し、L字型のLEDクリアランスランプと組み合わせた新しい表情を創出した。

またリアはバンパーコーナーにエアダクトを設けて操縦安定性を向上。タイヤの踏ん張り感を強調する造形とするとともに、L字がより際立つデザインのリアコンビネーションランプとした。スポーティな「Fスポーツ」モデルでは、Fメッシュパターンのグリルや専用内外装アイテム、LC、LSとの共通デザインとなる19アルミホイールを採用した。

ボディカラーは、新規設定色「ネープルス イエロー コントラスト レイヤリング」や「スパークリング メテオ メタリック」を含む全11色を設定した。