フェラーリのマーケティング&コマーシャル部門最高責任者にインタビュー|Ferrari

フェラーリのマーケティング&コマーシャル部門最高責任者にインタビュー|Ferrari

CAR FEATURES

Ferrari|フェラーリ

最も好きなフェラーリは次にデビューするモデル

フェラーリ ジャパンはイタリア大使館を舞台に、フェラーリオーナーをはじめ、各界のクリエイターなど約300名を招待し、フェラーリ テーラーメイド プログラムの特別イベント「「フェラーリ テーラーメイドの芸術(The Art of Ferrari Tailor Made)」を開催。イベントに合わせてマラネロのフェラーリ本社より来日した、同社のマーケティング&コマーシャル部門最高責任者、エンリコ・ガリエラ氏にインタビューした。

Text by OPENERSPhotographs by Ferrari Japan

唯一無二のフェラーリに仕上げられる「フェラーリ テーラーメイド」

フェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリが、レースで勝つために同社を興したいうのはよく知られた逸話だ。いっぽう彼は、レース活動のための資金を得るために、顧客からのオーダーに応えるかたちで、1点モノのこの上なく贅沢なモデルを手がけ、世界中の富裕層を魅了してきた。顧客リストには、巨匠ロベルト・ロッセリーニ監督やイラン最後の皇帝であるパフラヴィー2世など、超がつくほどのVIPが名を連ねた。

そうしたフェラーリの伝統を今に受け継ぐとも言えるのが、現在のプロダクトモデルをベースに、顧客の嗜好やスタイルとマッチする唯一無二のフェラーリに仕上げる、パーソナライゼーションプログラム「フェラーリ テーラーメイド」だ。

顧客は、パーソナルデザイナー率いる専門家チームによるサポートを受けながら、ボディのカラーリングをはじめ、インテリアの素材やカラー、ステッチの入れ方などを選び、自分だけの特別な1台を実現させることができる。マラネロのスタイリングセンターと上海ブランチに設けられたテーラーメイドセンターへ訪問し、素材サンプルを手に取って感触を確かめながら仕上げていくことも可能だという。

このたびフェラーリ ジャパンは、イタリア大使館にて300名のゲストを招き、同プログラムをプロモーションするための特別イベント「フェラーリ テーラーメイドの芸術」を開催。フェラーリが、日本のために「GTC4ルッソT」をベースに特別に仕立てた9台のテーラーメイドモデルも披露した。

OPENERSでは、イベントに合わせてマラネロのフェラーリ本社より来日した、同社のマーケティング&コマーシャル部門最高責任者、エンリコ・ガリエラ氏に話を聞く機会を得た。