シトロエン DS3カブリオに試乗|Citroen

CAR IMPRESSIONS

Citroen DS3 Cabrio |シトロエン DS3 カブリオ

オープントップのDS3 カブリオに試乗

2009年に登場し、全世界で20万台という好調な売り上げをみせる、シトロエン「DS3」に解放感あふれるオープンモデル「DS3 カブリオ」が登場。軽快なフットワークをもつオープンカーに、島下泰久氏が試乗した。

Text by SHIMASHITA Yasuhisa

閉めた状態でもおしゃれ

昨年のパリサロン
でデビューしたシトロエン「DS3 カブリオ」は、ハッチバックとおなじBピラーやCピラー、ルーフの枠組みを残したまま、純粋なルーフからリアウインドウに至る部分のみが開閉するタイプのオープンカーだ。

閉じた状態では、前や横からはDS3とほぼ見わけがつかず、シャークフィンと呼ばれる特徴的なBピラーもそのまま。ちがいがわかるのはリアから眺めたときで、リアウインドウが左右に少し狭くなっている。そして当然、ソフトトップとされているルーフも識別点となる。

このルーフは電動開閉式。ルーフ前端に置かれたスイッチを押すと、まずはこのルーフ部分のみが折り畳まれながらひらく。いわゆるキャンバストップと大きくことなるのは、スイッチをさらに押すとさらに後方、リアインドウ部分まで大きく開け放つことができることだ。風の巻き込みを防ぐ手動式のウインドディフレクターも、当然備わる。

このソフトトップルーフは、ボディ色とコーディネートできる3色が設定されている。用意されているのは黒、そして青、更にDSモノグラムと呼ばれる、DSのロゴマークを反復させた柄付きの個性的なパターンである。

閉めている時にはハッチバックとほとんどかわらないと書いたが、これなら一目瞭然のアピール度を手にできる。閉めた状態でこれだけシャレたムードを醸し出せるオープンカーというのは、そうはないはずだ。

そのほか、外観でカブリオだとわかるのは、日本では先に限定車の「Ultra Marine」
に使われた3Dリアコンビネーションランプ。その表情は独特で、おもわず色々な角度から覗き込みたくなってしまう。

シトロエン DS3カブリオに試乗|Citroen ギャラリー

TAG
BRAND
  • rumors_sale
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune