最新のポルシェを体感「ポルシェ ドライビング ラウンドテーブル」参加記|Porsche

最新のポルシェを体感「ポルシェ ドライビング ラウンドテーブル」参加記|Porsche

CAR IMPRESSION

Porsche|ポルシェ

ポルシェの最新モデルに一気乗りした

ポルシェ ジャパンは、ライフスタイル誌を中心とするメディアに携わる人たちに、ポルシェの最新モデルをロングドライブしてもらい、その真価を感じてもらおうというイベント「ポルシェ ドライビング ラウンドテーブル」を開催。若かりし頃、自動車雑誌の編集部に在籍していたこともあるOPENERS統括責任者、松本博幸が参加した。

Text by OPENERSPhotographs by Porsche Japan

最新ポルシェの進化を体感できるまたとないチャンス

僕は20代のころ、福岡にあるローカル自動車雑誌の編集部に在籍していて、930時代の「911カレラ」をはじめ、ルーフやゲンバラによるチューニングポルシェにも試乗した経験があります。あの頃の911は、クラッチが重いし、クラッチ操作やギアシフトが難しいし、とにかく運転に慣れるのが大変でした。あのときは、最後まで911の運転に慣れることができなかった記憶があります。

僕にとっては、シンプルなデザインといい、レースでの栄光に彩られた歴史といい、ポルシェは子どものころからの憧れだったので、911を手足のように乗りこなせるようなドライバーになることが、当時の目標でした。

OPENERSを始めてからは、撮影用にお借りしたポルシェの広報車に乗る機会もあって、最新の991型911には、カレラとカレラ4Sに乗ったことがあります。ほんの短時間の試乗でしたが、僕がかつて経験した930時代の911に較べて圧倒的に快適で運転がしやすいのに、驚きました。ただ、あまりにも進化していたので、いわゆるポルシェらしさをあまり感じなかったというのも正直な気持ちです。

今回のイベントでは、東京は港区にあるポルシェ ジャパン本社から軽井沢を経由して野尻湖を往復するというロングコースが設定されていて、2日間で4台の最新ポルシェにじっくりと試乗できるとのことでした。しかも911のラインナップでは最強の911ターボSや、デビューしたばかりのカレラTも含まれている。まさに最新ポルシェの進化を体感できるまたとないチャンスです。僕は遠足に出かける子どものようにワクワクしながら、ポルシェ ジャパンに向かいました。