パリモーターショー2018 コンセプトカー編

パリモーターショー2018 コンセプトカー編

Peugeot e-Legend Concept

CAR FEATURES

パリモーターショー2018 コンセプトカー編

電気自動車ア・ラ・フランセーズ

世界5大モーターショーの一つである「モンディアル・ド・ロトモビル2018」、通称パリモーターショーが10月2日から14日まで開催された。ここでは、特にコンセプトカーに焦点をあてリポートする。

report & photo Akio Lorenzo OYA

トランジシォン

パリモーターショー「モンディアル・ド・ロトモビル2018」が10月2日から14日まで開催された。第1回から120年目・通算で88回目という節目の今回、ショーはモデルチェンジともいえる大胆な変化に挑んだ。

ひとつは奇数年に開催されてきた2輪ショーとの併合である。さらに自動運転コミューターをはじめとする技術にフォーカシングしたエキシビジョン「モンディアル テック」、そしてラスベガスCESの欧州キックオフイベント「CESアンヴェイルド パリス」などが同時開催された。

またパリ市街のコンコルド広場では一般公開期間中、新型車のテストドライブも用意された。

DS X E-Tense

Peugeot P2X Cafe Racer

大会エグゼクティブマネジャーで、プライベートではフランス剣道代表チームの主将経験もあるジャン-クロード・ジロー氏は、前年から日本も含め各国を精力的に訪問して企業の参加を呼びかけた。そうした努力虚しく参加ブランドは17も減少。あのフォルクスワーゲンも参加しないという前代未聞の事態となった。

しかし蓋を開けてみると、会期中の総入場者数は106万8194人を達成した。前回の2016年比で微減にとどまったのは、一般公開日を前回の16日から11日に短縮したことを考えると善戦であったといえよう。

「5大ショーで最多入場者数」というパリの伝統も維持した。世界のモーターショーがそのあり方をめぐって劇的なトランジシォン(推移)にあるなか、世界最古のモーターショーとしての威厳を保ったかたちだ。