新型「レクサスES」日本発売開始|Lexus

新型「レクサスES」日本発売開始|Lexus

CAR NEWS

Lexus ES|レクサス ES

新型「レクサスES」日本発売開始

トヨタは10月24日、ミドルサイズセダンの新型レクサス「ES」を発表、日本国内での販売を開始した。

Text by HARA Akira

日本初上陸のFFサルーン

1989年のフラッグシップセダン「LS」とともに、レクサスの最初のラインナップとして誕生したミドルサイスのFFセダン「ES」。上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間が数多くの国や地域で好評を博し、基幹モデルとして世代交代が続けられてきた。今回7代目となる新型「ES」は、LC、LSに続く新世代レクサスラインナップとして、母国である日本で初めて販売される。

新型ESは、国内で先に販売された「カムリ」などと共通の低重心「GA-Kプラットフォーム」を活かし、流麗かつ引き締まったエクステリアと広く快適な室内空間を両立。新プラットフォームと2.5リッター ハイブリッドシステムによる上質な乗り心地と優れた操縦安定性といった、相反する要素「二律双生」を実現し、「すっきりと奥深い走り」ができるという。さらに、より安全な運転を楽しむことを目指し、量産車として世界初採用デとなるジタルアウターミラーや、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」などの最先端技術を搭載した。

ボディサイズは、全長4,975×全幅1,865×全高1,445mm。新たに採用したGA-Kプラットフォームにより、エクステリアは走りを予感させるワイド&ローのプロポーションを実現するとともに、後方に配置したフロントピラーと傾斜したリアピラーで引き締まったキャビンシルエットを創出。鋭利に折り返すフレームと波紋のように連続する縦フィン形状のグリルメッシュを組み合わせたスピンドルグリルと、小型3眼ヘッドランプで、シャープなノーズが強調されている。

インテリアは、前席は視線移動が少ないレイアウトで運転に集中できる空間を、後席は広い足元空間による開放感と包み込まれる安心感を演出。センターコンソールやドアアームレスト表皮には、立体的なパターンで加工が施されたビスコテックス技術を採用した。