ベントレー コンチネンタル GT スピードに試乗|Bentley

ベントレー コンチネンタル GT スピードに試乗|Bentley

CAR

Bentley Continental GT Speed|ベントレー コンチネンタル GT スピード

日本上陸を果たした

コンチネンタル GT スピードに試乗

コンチネンタル GT」ファミリーの登場以来、ノーマルモデルたる「コンチネンタル GT」と人気を二分していた「コンチネンタル GT スピード」。2011年に、2代目へと移行した同ファミリーにも、ついにこの「GT スピード」がくわわり、日本への上陸も果たした。ここでは、この「コンチネンタル GT スピード」の性格を解き明かしつつ、V型8気筒エンジンを搭載したニューメンバー「コンチネンタル GT V8」もくわわり、充実を見せる2代目「コンチネンタル GT」ファミリー、それぞれの個性を大谷達也氏が捉えなおす。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by ARAKAWA Masayuki

演出は控えめに

名は体をあらわす。ベントレーはモデル名でその概要が知れる。

ここに紹介する「コンチネンタル GT スピード」は、コンチネンタルシリーズのクーペボディ(=GT)の、そのまたさらにスポーツバージョン(スピード)である。

では、“スピード”というグレード名の付かないスタンダードな「コンチネンタル GT」

(以下、“ノーマル”と呼ぶ)とどこがどうことなるのか?

エンジンは基本的にノーマルとおなじ6.0リッターW12ツインターボ。そのECU(エンジンコントロールユニット)を変更し、専用のエグゾーストシステムを採用するなどしてプラス50psの最高出力625psを獲得した。ギアボックスはノーマルとおなじZF製の8段ATだが、2007年に発表された先代のコンチネンタル GT スピードは6段ATだったので、この点は大きく進歩したといえる。

サスペンションのチューニングはさらに入念で、車高が10mm下げられたエアサスペンションのバネレートは、フロントで45パーセント、リアも33パーセント締め上げられたほか、リアのアンチロールバーは剛性を53パーセントもアップ。タイヤも275/40ZR20から275/35ZR21へとサイズアップされている。

それでも……である。

こうしたお化粧直しはベントレー コンチネンタルの圧倒的な存在感の前ではなきに等しい。だから、たとえ目の前をコンチネンタルシリーズの2ドアクーペが通り過ぎたとしても、多くの人々の記憶に残るのは「お、ベントレーだ!」という驚きであって、「おや、いまのはコンチネンタル GT スピードじゃないか?」という疑問ではないだろう。

同様のことはコンチネンタルGT V8のインプレッション

でも記したが、慎ましさを尊ぶイギリス人はまたしても控えめな演出を選択したといえる。