ホンダNSX、2019年モデルへと進化|Honda

ホンダNSX、2019年モデルへと進化|Honda

CAR NEWS

Honda NSX|ホンダ NSX

ホンダNSX、2019年モデルへと進化

ホンダはスーパースポーツモデルの「NSX」を改良し、2019年モデルに進化させた。2016年の8月に発表した2代目NSXは、この2年間で想定を上回る約400台の受注があり、2017年2月の発売から現在に至るまでにカテゴリーナンバーワン(2ドアラージクラスで2千万円以上)を記録したという。ホンダによると、このカテゴリーでのシェアでは33パーセントと3台に1台がNSXで、2代目NSXで提案した新しい価値、新しいスーパースポーツ体験を多くの人が評価した結果であるという。2019年モデルは、10月25日から申し込みを受け付けるが、発売は2019年5月からとなる。価格は2,370万円。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

人間中心のスーパースポーツ

初代NSXは1990年に、「人間中心のスーパースポーツということを世界に示してきました。当時は誰もが乗れるスーパーカー、そんなクルマはどうなのかといわれましたが、 今振り返ってみるとぱっと乗って運転を楽しめる、そういったクルマが初代NSXだったと思っています」と、本田技術研究所四輪R&DセンターNSX開発責任者の水上聡さんは語った。そして、「いまのスーパーカーは、ぱっと乗れることができるようになってきましたので、それを30年前にやっていたことを考えると、ニュースポーツエクスペリエンスがNSXだったと思っています」と加えた。

2016年、2代目が登場。初代NSXが大切にしたヒューマンフィッティング、人間中心のスーパースポーツを踏襲しつつ電動化技術を使い、「今までにない新しい経験、新しい価値を提供してきました」という。

そのキーテクノロジーがSPORT HYBRID SH-AWDだ。エンジンとモーターの融合によりエンジンだけでは達成することが難しい加速フィールやレスポンスを実現。またハンドリングにおいても、「切れ味の部分、オンザレール感覚を出せたクルマに仕上がりました」としながら、「ただしここでNSXの開発は立ち止まることなく、完成したわけではありません。NSXがやっていかなければいけないことは、常に時代とともに進化を続けること。それが使命であって宿命なのです。特にホンダは操る喜びを進化させることをNSXでやっていきたいと思い、今回の2019モデルを開発しました」とのこと。

そして、「それは誰もが乗れるスーパースポーツにとどまらず、クルマってすごいよね、クルマって楽しいよね、また乗りたいよねといったところを進化させるところにあると思っているのです」と改良の背景を語った。