2019年に販売終了するビートルに特別仕様車「マイスター」|Volkswagen

2019年に販売終了するビートルに特別仕様車「マイスター」|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen The Beetle Meister|フォルクスワーゲン ザ ビートル マイスター

2019年に販売終了するビートルに特別仕様車「マイスター」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月23日(火)、2019年に日本での販売終了する「ザ ビートル」に特別仕様車「マイスター」を設定。販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

長年にわたり多くの人に愛されてきた“ビートル”。そのルーツは1941年誕生の「タイプI」までさかのぼり、2012年に誕生した現行の3代目モデル「ザ ビートル」でその歴史にいったん幕が下ろされる。

それに伴い展開されている「See You! The Beetleキャンペーン」の第4弾として発表された特別仕様車「マイスター」。フォルクスワーゲンで「マイスター」の名を冠するモデルは、完成度の高い、熟成の進んだモデルを示す。

設定されるのは1.2リッター ターボエンジンを搭載するベースグレードの「デザイン」、1.4リッター ターボでスポーティな「Rライン」、2.0リッター ターボ「2.0 Rライン」の3グレード。全てのモデルでバイキセノン ヘッドライトと純正ナビゲーションシステム、リヤエンブレム内蔵型のリヤビューカメラを標準装備する。

Volkswagen
Volkswagen

「ザ ビートル デザイン マイスター」にはパドルシフト付マルチファンクション ステアリングホイールや2ゾーン フルオートエアコンを標準装備し、足元には17インチ アルミホイールを装着した。

「ザ ビートルRライン マイスター」と「ザ ビートル2.0 Rライン マイスター」では、ブラックもしくはレッドから選択できるインテリアのレザーシートを標準で装備。最上級の2.0 Rラインでは、電動パノラマ スライディングルーフも与えられる。

価格はデザインが303万円、Rラインが348万円、2.0 Rラインが397万円となる。

Volkswagen
Volkswagen The Beetle Meister|フォルクスワーゲン ザ ビートル マイスター
ボディサイズ|(デザイン)全長 4,285 × 全幅 1,815 × 全高 1,495 mm
       (Rライン、2.0 Rライン)全長 4,285 × 全幅 1,825 × 全高 1,495 mm
ホイールベース|2,535 mm
車両重量|1,300 kg
エンジン|(デザイン)1,197cc 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ
     (Rライン)1,394cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
     (2.0 Rライン)1,984cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力|(デザイン)77 kW(105 ps)/5,000 rpm
     (Rライン)110kW(150ps)/5,000-6,000rpm
     (2.0 Rライン)155kW(210ps)/5,300-6,200rpm
最大トルク|(デザイン)175 Nm(17.8 kgm)/1,500-4,100 rpm
      (Rライン)250Nm(25.5kgm)/1,500-3,500rpm
      (2.0 Rライン)280Nm(28.6kgm)/1,700-5,200rpm
トランスミッション|(デザイン、Rライン)7段AT (2.0 Rライン)6段AT
駆動方式|FF
サスペンション 前/後|マクファーソンストラット / 4リンク
ブレーキ前/後|ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ|(デザイン)215/55R17 (Rライン)235/45R18 (2.0 Rライン)235/40R19
価格|(デザイン)303万 (Rライン)348万円 (2.0 Rライン)397万円

問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199