日本画を描く感覚を駆使して、’80年代モチーフをグラフィティへと落とし込む|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|日本画を描く感覚を駆使して、'80年代モチーフをグラフィティへと落とし込む

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

福岡県出身のグラフィックアーティスト
KYNEさんに聞く(1)

モノクロでシンプルに女性を描く作風で注目を集める福岡在住のグラフィックアーティスト、KYNEさん。1980年代カルチャーの影響を受けた作品は一度見ただけでインパクト充分。若者からの圧倒的な支持を集め、昨年メディコム・トイのテキスタイルブランド「FABRICK」のアイテムの数々が、あっという間に完売となったことも記憶に新しい。今回はBE@RBRICK KYNE 400% / 1000%が受注販売されることを記念して、そのルーツに迫りながら独特の絵柄が生まれるまでの経緯についてうかがった。

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

文字が溢れる街中では、ああいう顔のモチーフがすごく目立つ

――小さい頃から絵を描くことはお好きだったんですか?

KYNE 好きでした。運動もあまり得意じゃないし、音楽も聴くのは好きだけど演奏するのは向いてなくて。絵を描いているときが一番楽しいから、デザイン科がある高校に進学して、専門の勉強を始めたんです。油絵とか陶芸とか美術全般をひと通り教えてくれる学科で、僕は人物を描くのが好きだったので人物画を中心に描いていました。

――大学では日本画を学ばれたそうですね。

KYNE 油絵のように絵具を重ねて立体的に描く表現方法が自分に合わないと思ったんです。日本画は岩絵具(鉱石を砕いて作った粒子状の絵具)という特殊な絵具を膠(にかわ)で溶いて和紙に彩色していくんですけれども、膠で溶いているときと乾いたときでは色が違ってしまうので立体的に描写するのが難しいんです。なので日本の伝統絵画は陰影のない平面的な表現が大きな特徴なんですけど、日展や院展、平山郁夫さんの作品などをいろいろ見ていくうちに線の描写が綺麗だなっていうことに気づいて。

――グラフィティアートを始めたのも同じ頃ですか?

KYNE もともと美術と同時進行でストリートカルチャーにも興味があって、高架下に描かれた絵の写真を撮りに行ったり、洋書を扱っているお店に行ってグラフィティの写真集を探したりはしていました。実際にスプレーで絵を描き始めたのは18歳ぐらいです。最初は文字とかリアルなポートレートを描いていたんですけれども、ある程度までいくと、どうやったら自分らしい個性を出せるだろうと考えるようになって。

そうした中で、グラフィティの表現のひとつにステッカーやポスターを街中に貼るカルチャーがあって。

medicom_openers_02
medicom_openers_03

――現在のKYNEさんの活動の出発点ともいえる、モノトーンで描かれた女性のステッカーですね。

KYNE 普段から文字がいっぱい溢れている街中では、ああいう顔のモチーフってすごく目立つんです。しかも立体的なものより、平面でコントラストが強い絵の方が、インパクトがあるというところまでたどり着いて。それまではまったく別物として考えていたんですけれども、意識的に日本画を描く感覚でグラフィティっぽいデザインに落とし込んだ作品を描くようになりました。

――お話をうかがって改めて作品を見ると、確かに日本画の影響が感じられます。同時にKYNEさんの描く女性は、’80年代のアイドルを彷彿とさせますね。

KYNE ’80年代の音楽が好きなんです。当時のアイドルレコードジャケットは正方形にトリミングしているのでインパクトのある構図が多いんです。しかも背景は単色っていうのがすごくいいなと思って。’70年代、’80年代の女性ジャズシンガーのレコードも、フォント使いとかすごくお洒落でカッコいいですよね。

――’88年生まれのKYNEさんが、’80年代カルチャーに興味を持つきっかけはなんだったんですか?

KYNE 中学生のときに姉が借りてきた氣志團のメジャーデビュー前のミニアルバム『房総与太郎路薫狼琉』を聴いたことが大きかったです。綾小路翔さんは’80年代のカルチャーに精通しているので自分たちの作品の歌詞、タイトル、ジャケット写真の構図に至るまで過去の作品にオマージュを捧げているんです。元ネタを知るとさらに面白いので、氣志團を入り口に、パンク、昭和のポップス、漫画、映画……たくさん吸収しました。当時はまだ今みたいにネットで調べればすぐ分かる環境ではなかったので、自分の足で中古CD屋や古本屋に行っては”この曲のタイトルはたぶんこれから来てるんじゃないかな?”みたいな感じで探していました。

――’80年代カルチャーに影響を受けたイラストレーターは数多いですが、KYNEさんは日本画とグラフィティというふたつのバックボーンが非常に強みになっていますね。ご自身のスタイルが確立できたなと思ったのは、いつ頃でしたか?

KYNE うーん……もっと自分らしさを出せないかなと常に考えているので、まだまだ確立できたとは。「◯◯っぽいね」とか言われると、ああ、そう見えるんだなっていうのは感じます。名前を挙げていただくアーティストの中には大好きで尊敬している方もいますが、そこを通ってきたというよりは、いろんなところから吸収した結果アウトプットが似てきちゃったという感じですね。

――企業とのコラボアイテム、雑誌の表紙、CDのアートワークなど活躍の場も広がりました。個人的には5lackさんの「Feelin29 feat. Kojoe」のジャケットが印象的でした。

KYNE 5lackとは絵を描く前からの知り合いなんです。Olive Oilさんという福岡在住のトラックメーカーと一緒に曲を作っていたこともあって、しょっちゅう福岡に遊びに来ていて。街中でまた会ったね

medicom_openers_04

KYNE
キネ。1988年生まれ。福岡県出身。2006年頃から福岡を拠点にグラフィティアーティストとして活動開始。自身が生まれ育った’80年代の漫画やレコードのジャケットから影響を受け、ストリートとアイドルカルチャーをクロスオーバーさせた独自のスタイルで注目を集める。 アパレルブランドとのコラボ作品や、CDジャケットのイラストなども手掛ける。
http://kyne.jp/

みたいな感じで顔を合わせているうちに「今度こういう曲を出すからジャケットを頼みたいんだけど」って言われて。

――5lackさんはいま福岡に住んでいるんですよね。KYNEさんも昨年、イラストレーターのNONCHELEEEさんと共同でアトリエ兼ギャラリースペース『ON AIR』をオープンしました。福岡はいろいろなカルチャーがクロスオーバーしながら全国に発信する場所になっていますね。

KYNE そうですね。福岡は狭いので、原宿くらいのスペースに渋谷も新宿も全部入っちゃってるみたいな感じです。

Page02. 自分の作品のサイズをどんどん大きくしていきたい