新型レクサスESに試乗|Lexus

新型レクサスESに試乗|Lexus

CAR IMPRESSION

Lexus ES|レクサスES

ドライバーズカーとしての魅力を高めた新世代のセダン

1989年のレクサス誕生とともにデビューし、累計販売台数が218万台に達するレクサスのコアモデル「ES」。日本にも初めて導入されるその最新モデルは、LC、LSに続くレクサスの変革を具現するモデルとして、全方位的な進化を遂げていた。

Text by YAMAGUCHI Koichi

LC、LSに継ぐレクサスの変革を具現するモデルの第3弾

カントリーミュージックをはじめとする音楽の街として知られるテネシー州第2の都市、ナッシュビル。大小のレコーディングスタジオが数多存在し、市内の目抜き通りに足を運べば、カントリーミュージックのみならず、ジャズやロック、そしてブルースやゴスペルなど、さまざまなミュージックの生演奏がライブハウスから鳴り響く。そんなアメリカにおける“音楽の聖地”は、近年、全米で最も大きな変貌を遂げていると街でもあるのだそうだ。

多くの企業が進出し、高層ビルが相次いで建設され、ビジュアルアートをテーマとする美術館や才能豊かなシェフのレストランなど、音楽以外のコンテンツも話題を集めている。そんな“変革”する街で、レクサスのミディアムセダン「ES」の試乗会が開催された。

327-lexus-es-02

F Sport

327-lexus-es-03

F Sport

日本発のラグジュアリーブランドとしてレクサスが産声を上げた1989年、フラッグシップモデルの「LS」とともにデビューしたES。これまで日本に導入されることはなかったが、累計販売台数が218万台に達するレクサスのコアモデルだ。その最新型である今回のモデルは、世界90カ国で販売される予定だという。ご存じの方もいるかと思うが、ESはかつて日本市場では「ウィンダム」の名でリリースされていたことがある。新型では初めてESの名で日本に導入され、欧州デビューも果たすのだそうだ。

新型ESの最大の特徴は、LC、LSに継ぐレクサスの変革を具現する第3弾のモデルであるということ。開発総責任者である榊原康裕チーフエンジニアによると、新型ESを開発するにあたり、2点に重きを置いて開発したという。すなわち、新世代のLC、LSを引き継ぐべく、デザインと走りをエモーショナルなものに変革すること。そして、ESの原点といえる人を中心に考えた上質な快適性を、さらに進化させること。