卓上タイプはマイナーチェンジも。毎年恒例の活版印刷カレンダー|PAPIER LABO.

PAPIER LABO.|卓上タイプはマイナーチェンジも。毎年恒例の活版印刷カレンダー

PRODUCT Tokyo Tips

PAPIER LABO.|パピエラボ

インクと紙の相性を度重ねて検証。辿り着いた発色の良さ

来年度のカレンダーや手帳が店頭に並びはじめる今秋、パピエラボからも毎年恒例となるオリジナルカレンダーが発売される。これまでと体裁が変わらない二種類がラインアップ。

「Wall Calendar」は、ハリのある自然な風合いのある紙を使用したポスタータイプ。折りスジが月の境目となり、自然と毎月が強調される。「Desktop Calendar」は、活版印刷の印圧を強調し、赤の天糊で仕上げた卓上タイプ。

4_PAPIER_openers
5_PAPIER_openers
6_PAPIER_openers

昨年のモデルよりも文字を大きくするなど、マイナーチェンジを施している。こちらは別売りの木製カレンダースタンドを使用するのもおすすめだ。

どちらも視認性はもちろん、インテリアとの調和にも配慮したカレンダー。2019年をともに過ごしてみてはいかがだろうか。

2019 Wall Calendar
サイズ|426×566mm
価格|1300円(税別)

2019 Desktop Calendar
サイズ|75×90mm
価格|900円(税別)

問い合わせ先

PAPIER LABO.

Tel. 03-5411-1696

http://papierlabo.com/