ポルシェ パナメーラにパワフルな新型GTSを追加|Porsche

ポルシェ パナメーラにパワフルな新型GTSを追加|Porsche

CAR NEWS

Porsche Panamera GTS|ポルシェ パナメーラGTS
Porsche Panamera GTS Sport Turismo|ポルシェ パナメーラGTS スポーツツーリスモ

ポルシェ パナメーラにパワフルな新型GTSを追加設定

ポルシェAGは10月16日、4ドアモデルの「パナメーラ」シリーズに、パワフルな4.0リッターV8ツインターボエンジンや3チャンバー エア サスペンションを搭載した2台のパフォーマンスモデル「パナメーラGTS」「パナメーラGTS スポーツツーリスモ」を追加設定したと発表した。

Text by HARA Akira

460psのV8エンジンで100km/hまで4.1秒で加速

新型「パナメーラGTS」「パナメーラGTSグランツーリスモ」がフロントに搭載する4.0リッターV8ツインターボエンジンは、先代GTSを15kW(20ps)、100Nm上回る最高出力338kW(460ps)/6,000-6,500rpm、最大トルク620Nm/1,800-4,500rpmを発生する。4WDシステムのポルシェ トラクション システム(PTM)とツインクラッチシステムの8段PDKを介し、スポーツ クロノ パッケージとの組み合わせでは両モデルとも0-100km/h加速4.1秒を記録。最高速度はパナメーラGTSで292km/h、パナメーラGTS スポーツツーリスモで289km/hとなる。一方の環境面をみると、燃費が前者は10.3リッター/100km、後者が10.6リッター/100km。CO2排出量では微粒子フィルターの搭載などにより、235g/km、242g/kmを達成している。

こうしたハイパフォーマンスを支えるシャシーには、柔軟な操作性と最適なバネレートを実現する3チャンバー テクノロジーを備えたアダプティブ サスペンションを搭載。通常モデルより車高は10mm低く、ポルシェ アクティブ サスペンション マネージメント(PASM)にはさらにスポーティなチューニングを施した。ブレーキローターも前390mm、後365mmと大径化され、結果的に優れた横方向の運動性能と強力な制動力を発揮するという。

327-porsche-panamera-gts-03
327-porsche-panamera-gts-05

ボディサイズは、全長5,053×全幅1,937×全高1,417mm(スポーツツーリスモは1,422mm)。ホイールベースは2,950mm。エクステリアでは、フロントエンドやリアボトムのトリムなど多くのエリアをブラックコントラスト仕上げとし、20インチ パナメーラデザイン ホイールを標準装備することでアスリートをイメージする姿に。

インテリアは、パドルシフトを備えたヒーテッド マルチファンクション ステアリングをはじめとする多くの部分にアルカンターラとアルミニウムを採用。オプションでは、他の第2世代パナメーラと同じくポルシェ アドバンスド コックピット、アダプティブ クルーズ コントロール、リア アクスル ステアリングとともに、パナメーラとして初採用のフルカラー ヘッドアップディスプレーを用意。GTSインテリアパッケージでは、タコメーターやステッチに好みの色を選べるほか、室内のGTSロゴをカーマインレッドとクレヨンから選ぶことができる。

また、GTSのスポーツツーリスモは第2世代で初登場。大きなテールゲートと低い荷室フロア、増加した積載量と4+1のシートアレンジにより、最大の利便性と目を見張るパフォーマンスを両立したモデルとなっている。日本での価格は未定となっている。

問い合わせ先

ポルシェ カスタマーケアセンター

0120-846-911