vol.30「バガボンド風ロングコート」JANTJE_ONTEMBAAR|ヤンチェ_オンテンバール

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.30

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

もう今年のコートは買いましたか? 今回、編集大魔王がピックアップしたのは、今秋冬のビッグトレンドでもあるゆったりシルエットのロングコート。ボディがすっぽりと包み込まれる安心感に、ゆるりと身を任せてみるのもいいかもしれませんね。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA Satoko

JANTJE_ONTEMBAAR|ヤンチェ_オンテンバール

祐真「このコートは、8月末にローンチした香取慎吾さんとのプロジェクト『ヤンチェ_オンテンバール』で、いちばん最初に作ってみようとなったアイテムです。

ベースになったのは、僕が持っていた80年代のSANYO製のバルマカーンコート。バルマカーンという名はスコットランドのバルマカーンという町に由来していて、ステンカラーとゆったりしたラグランスリーブが特徴。俗にステンカラーコートともいい、メンズファッションにおけるの基本中の基本アイテムでもあります。

僕が倉庫から探し出してきたコートには裏地はありませんでしたが、このコートには香取さんの描いた絵をモチーフにした取り外し可能なライナーを付け、春先には一枚で軽快に着られるようにもしています。

同型のチェックやリバーシブルのコートは、ここからバリエーションとして展開していったもの。色合いもかなりいい具合に仕上がっていて、自分でもすごく気に入っている一着です」

コート各10万5000円(J_O × SANYO/ヤンチェ_オンテンバール 03-6812-7106)

問い合わせ先

J_O × SANYO/ヤンチェ_オンテンバール

03-6812-7106

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]